おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

おすすめカードローンは属性によって違う!アナタにピッタリなのは?

カードローンには属性が関係してきます。属性とは、年齢、性別、居住地、家族構成、職業などのデータのことを言います。この属性もカードローン審査に関係してきますよ。

このサイトでは、カードローンの属性別におすすめするカードローンを紹介していきます。属性によってはカードローンに必須の収入が無かったり、収入があっても安定していなかったり、審査が不安になりますよね。

そういった方がどんなカードローンを選んだらよいのか、さっそく見ていきましょう!

勤務形態が影響する?カードローンの属性とは

先ほど紹介した通り、カードローンでは年齢・性別・居住地・家族構成・職業などの属性が関わってきます。

特に職業や勤務形態は、安定した収入を見るためにも重要な情報ですよね。勤務形態や属性が以下の方は、申込みに不安を持っていませんか?

  • 個人事業主
  • 学生
  • 専業主婦
  • パート主婦
  • 派遣社員
  • 低所得者
  • 他社借入れあり
  • 年金受給者
  • 外国人
  • 無職
  • ホステス
  • パチンコ店員
  • 転職したばかり
  • タクシードライバー
  • 日雇い
  • 公務員

上記の中で安定した収入がある場合は、躊躇なく申し込みができますよ。収入がなかったり、不安定な場合は申込む前に注意が必要です。

属性が不安?けれど、安定した収入がある場合

先ほど紹介した表の中から、安定した収入がある方と言えば、個人事業主・パート主婦・派遣社員・低所得者・年金受給者・外国人・公務員が該当します。

もちろん、それぞれ勤続(営業)年数が長く、毎月継続して収入があることが条件になります。

また学生でも20歳以上でアルバイトをしており、収入が安定している場合は申込めますよ。

低所得は関係ない

カードローンでは、アルバイトやパートであっても安定した収入があれば申し込むことができます。つまり、収入が高い・低いは関係ないのです。

カードローンで大切なのは継続して安定した収入があることなのです。

そのため、収入が高くても勤続年数が1ヶ月未満であれば、収入が安定しているとは言い難く、もう少し勤続年数を伸ばしてから申し込みをした方が良いのです。

知っておきたい総量規制

収入が低くても安心して申し込みができることを説明しましたが、収入が低い場合は借入金額が低くなります。

特にカードローンを利用する時に、消費者金融や信販会社等の貸金業者を選んだ場合は、総量規制が関係してくるのです。総量規制とは「年収の1/3を超えて借入れすることはできない」とする決まりです。

そのため、年収によって利用限度額が決まってくるのです。

年収 利用限度額
300万円 100万円
100万円 30万円
60万円 20万円

銀行カードローンの場合は総量規制がありませんので、年収の1/3を超えて借入れは可能となっています。けれど、それぞれの銀行によって利用限度額の目安を設けていますので、年収を超えての借入れはできません。

銀行カードローンでは利用限度額を年収の1/3~1/2までに設定しているところが多いですよ。

年金受給者も借りれる!

年金受給者の場合は、年金を収入とみなしてくれるところへ申し込む必要があります。

金融機関によっては年収を安定した収入とみなさず、年金以外にアルバイトやパート等で収入があることが条件になっているところもあります。

そのため、年金を安定した収入とみなしているのか、年収以外の収入が必要となるのかチェックする必要がありますよ。

外国人が借りる場合

外国人の場合も、安定した収入があれば申込みができます。ただし、必要書類に特別永住者証明書や在留カードが必要となります。

日本人であれば運転免許証等の本人確認書類や収入証明書類だけで申し込み可能となっていますので、必要書類が一つ多くなりますよ。

カードローン審査が不安!収入が全くない場合

安定した収入がない方と言えば、専業主婦や無職が該当しますね。同じ無収入ですが、この2つの属性は大きな違いがあります。

専業主婦なら借入れOK!

実は専業主婦なら借入れできるところは多いのです。ただし、配偶者に安定した収入がある場合に限られます。

この場合の安定した収入には、パート・アルバイト・年金収入のみは該当せず、正社員等で安定継続した収入が必要となりますよ。

けれど銀行カードローンであれば、配偶者に安定した収入があれば配偶者の同意不要で借入れができますので、専業主婦の場合は収入がなくても申込可能なのです。

無職の場合は借入れ不可

配偶者に安定した収入が無く、申込む本人にも全く収入が無い場合は、借入の申込は不可となります。これは、もうすぐ就職の予定がある場合でも申込みはできません。

就職の予定があっても、実際に就職するかどうかは働いて見なければ分からないですよね。働く前であれば在籍確認も取れませんので、申し込む時に働いて収入が無ければ審査に通ることができないのです。

例えば、大学生で就職先が決まっている場合でも、申込む時点で収入が無ければカードローンの利用はできません。

属性 申込み可否
配偶者に収入のある無職(専業主婦)
配偶者に収入のない無職 不可
就職先が決まっているが現在は無収入 不可
就職先が決まっていて現在はアルバイト収入あり

申し込みに迷う!収入が不安定な属性の場合

収入が不安定な属性と言えば、ホステス・パチンコ店員・タクシードライバー・日雇い・転職したばかり・他社借入れのある方等が該当します。

ホステス・パチンコ店員・タクシードライバー・日雇いの場合

カードローンで重視しているのは収入の安定性なのです。そのため、ある時期は高収入だけど時期が過ぎると収入が減る・無くなる可能性がある場合は、安定継続した収入があるとは言い難いのです。

特に給与体制が完全歩合である場合は、収入の増減が激しいため収入の安定性が疑われてしまいます。

ホステス・パチンコ店員・タクシードライバー・日雇いの場合で、完全歩合であるならば収入が安定しているかによって、申し込みの可否が決まりますよ。

転職したばかりの場合

転職したばかりでは、まだ収入が安定しているのか判断することが難しいのです。

先ほど就職先が決まっている場合でも、まだ働いていなければ申込みは不可であることを紹介しましたが、働き始めたからといってすぐにカードローンに申し込めるわけではないのです。

働き始めたばかりでは、収入が安定していません。年収も推測でしか計算できませんし、実際に働き続けることができるのかも未知です。そのため、転職したばかりでは安定した収入があるとは言えないのです。

他社借入れのある方の場合

他社借入れがある場合は、件数や金額が重要になります。1~2件であれば問題ないのですが、4件以上となると借り過ぎとなってしまいます。

また、借入金額は申込者の年収に対して借り過ぎていないかがポイントになります。借り過ぎかどうかの判断は、既に紹介した通り年収の1/3を超えていないかどうかですね。

他社借入れ件数が4件以上、または借入金額が今回の借入希望額をあわせて年収の1/3を超える場合は、審査に通ることが難しくなりますよ。

他社借入れの対処法

他社借入れの件数が気になる場合におすすめするのが、おまとめローンですね。複数のローンを1社にまとめることで、件数を減らすことができます。

ただし、おまとめローンは返済して完済することが目的ですので、これ以上の借入れを禁止しているローンもあり、借り換える前にどういったタイプのローンなのか確認が必要ですね。

また、利用していないローンは解約して件数を減らうこともポイントですね。

放置していても契約したままの状態では、信用情報機関に情報は載っています。利用枠があると、それだけ新規の利用枠は減ってしまいます。

つまり利用していないローンは解約することで、新たなカードローンの利用枠を増やすことができるのです。

カードローンで重視していること

繰り返しになりますが、カードローンでは安定継続した収入を重視しています。そのため、年齢・職業等の属性から安定した収入が見込める場合は、問題なくカードローンの利用ができるのです。

けれど、属性から安定継続した収入が見込めない場合は、安定した収入になるように工夫が必要になるのです。

例えば、無職であればアルバイトを始めて収入を得る、収入が不安定であるなら継続して収入が得られるように努力する等ですね。転職したばかりなら、半年以上働いてから申込みをすると属性に問題が無くなりますよ。

カードローン審査に有利な職業と言えば、公務員ですよ...

「今月の家計がピンチ!お金が足りない!」そんな時に...

カードローンを利用するには、安定継続した収入が必要...

カードローンを利用しようと思ったら、審査があります...

12
閉じる
閉じる