おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

カードローンの初心者ガイド!利用前に知っておきたい基礎知識

何事にも新しいことを始める時には準備や知識が必要ですよね。お金を借りるカードローンも同じです。カードローンも利用前に知識があると、スムーズに利用することができるのです。

もちろん、必要書類等の準備も必要となります。ここではカードローンとはどんなものかを説明し、申込方法や利用限度額・金利の関係を見ていきましょう。

また、カードローンには在籍確認があったり、必要書類の準備が必要になったりします。このサイトでは、こういった細かい内容にも触れていきますよ。

意外に知らない!カードローンを選ぶメリット

お金を借りる方法にはカードローン以外にも目的ローンがありますね。目的ローンにはフリーローンもあり、資金使途が自由なものもあります。

資金使途が自由とは使いみちを問わないため、婚礼費用・医療費・教育費等、好きな目的でお金を借りることができるのです。ここでは初心者向けに、カードローンの場合とフリーローンでは何が違うのか見てみましょう。

カードローンの場合

カードローンの場合は、婚礼費用・教育費等のまとまった費用の借入れよりは、生活費等の小額の借入に適しています。

しかもカードローンの場合では、一度契約すると繰り返し何度でも利用できますので、生活費等に困るたびに利用することができるのです。

つまり財布代わりに小額を頻繁に借入れをしたい場合は、カードローンを選ぶと便利なのです。借入先もコンビニATMを利用できるところが多く、使い勝手が良い金融機関が多いですよ。

フリーローンの場合

フリーローンは目的ローンの一つとなりますので、まとまった費用を一度に借りたい場合に適しています。一度借りると後は返済のみとなりますので、計画的に返済することができますよ。

フリーローンでは、大口の借入れを一度にまとめて行いたい時に便利なのです。大口融資となることで金利も低くなっているところが多いですよ。

ローンの種類 カードローン フリーローン
メリット 繰り返し何度も利用可能 まとまった費用を一度に融資
デメリット フリーローンよりも金利が高め 繰り返しの利用が不可

いろいろ選べる!カードローンの申し込み方法

カードローンの申し込み方法には、ネット・自動契約機・電話・FAX・来店・郵送等、様々な方法があります。

  • ネット
  • 自動契約機
  • 電話
  • FAX
  • 来店
  • 郵送

けれど、金融機関によっては申し込み方法がネットに限られていたり、来店する必要があったりしますので、事前にチェックが必要ですよ。

ネット申込みが人気

気軽に利用できるのがネット申込みですね。

自宅や通勤中等の空き時間で、場所を問わず申し込みができるのが魅力なのです。

忙しい人でも気軽に申し込みができるのが良いですね。

その上WEB完結を利用すると、来店不要でネット上で申込みから契約まで行うことができるため、契約のために来店する必要もありません。

パソコン・スマホ等から申込み

書類の提出

審査完了

借入れ(振込)

上記が申込みから借入れまでの流れとなります。まずはパソコン・スマホ等から申込みすることから始まりますよ。

書類の提出では本人確認書類が必要になります。運転免許証やパスポート等が該当しますね。

これらの書類をパソコンであれば画像を読み込んでアップロードする方法やメールで添付する方法があります。スマホであれば専用アプリを利用して提出する方法も選べます。

  • 画像を読み込み、アップロードで提出
  • メールに添付して提出
  • 専用アプリで提出

上記の方法が苦手な場合はFAXや郵送でも提出できますので、パソコンやスマホで入力はできるけど、その他の機能はよく分からないという方でも安心ですよ。

また、すぐに借入を希望する場合は振込による借入れが早くて便利ですが、急がない場合はカードを利用した借入れも可能です。カードは後日郵送で受け取る方法と自動契約機や窓口に来店して受け取る方法があります。

  • 郵送
  • 自動契約機に来店
  • 窓口に来店

郵送の場合は「自宅へ郵送」が基本となりますが、中には勤務先へ郵送できるところもありますよ。もちろん封筒に金融機関名等は記入されていませんので、周囲にカードローンの利用がバレることはありません。

高額融資になれば低金利!カードローンの利用限度額と金利の関係

カードローンの金利は○%~○%と幅のある書き方になっていますが、高額融資になれば低金利となる仕組みになっています。

そして初めて借り入れする場合は、100万円未満の小額融資となる可能性が高いため、一番高い金利の適用となります。例えば年4.5%~18.0%と書かれている場合では、年18.0%が適用となるのです。

また消費者金融の場合では、利息制限法が関係してきますので高すぎる金利となる心配もありません。

利用限度額 最大金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

消費者金融では、上記が最大金利となります。銀行カードローンでは適用されませんが、銀行カードローンの場合は上記以上の金利を設定しているところはありませんので、低金利で安心して申し込むことができますよ。

金利は返済総額に関係してきます。金利が高ければ返済総額は多くなりますし、月々の返済額が高くなったり返済期間が長くなったりします。そのため、できるだけ低金利のところで借りておくと返済がラクになりますよ。

また上記の表を見れば分かるように、利用限度額が高くなれば金利は低くなります。つまり、高額融資になれば低金利となりますよ。

ただし初めて借入れする時は、金融機関と信用関係が築けていませんので、高額融資を狙うよりは必要最小限の融資を希望し、まずは信用を築きましょう。

信用が築けたところで融資額の増額をすると金利が下がりますよ。

必要最小限の希望額で申込み

信用を築く

増額で融資額をアップ

金利が下がる

増額によって金利が下がる分かりやすいパターンとしては、100万円未満から100万円以上の融資額へアップする時が該当します。利息制限法の表を見ると分かるように、年18.0%から年15.0%になりますよ。

初心者も安心!カードローンは周囲にバレません

ここまで読んで、カードローンについて理解が深まりましたね。最後に、それでもカードローンに申し込むと「周囲にバレるのではないか」と不安になっている方のために、バレない秘訣を紹介します。

バレる原因はいくつかあり、書類や明細書の受取りがキッカケになるとも言われています。また、在籍確認に不安を持っている方もいますよね。これらを解消していきましょう。

在籍確認について

繰り返しになりますが、カードローン初心者の方で不安に思っていることの一つに、在籍確認があります。

在籍確認とは、金融機関側が申込者の勤務先へ連絡して、本当に勤務しているのかチェックする審査になります。

この在籍確認は金融機関側にとって非常に大切な審査となりますので、どの金融機関に申し込みをしても避けることはできません。

けれど、金融機関側も申込者の立場を不利にすることはしません。在籍確認の際にはスタッフの個人名を使い、金融機関名を名乗ることはありません。もちろん内容について話すことは一切ありません。

そのため、在籍確認から勤務先へバレる心配はありませんよ。

書類の受取方法

書類や明細書の受取方法が周囲にバレるキッカケとなることはあり得ます。封筒には金融機関名は書かれていませんが、知らないところから封筒が届くと「何の封筒かな?」と気になることはありますよね。

この時に、うろたえてしまうと家族にバレてしまいます。そこで、初めから書類が届かないようにしておくと安心ですね。例えばカードの受取りは面倒でも自動契約機や店舗へ来店するのです。

カードレスのところを選ぶのも一つの方法ですね。また明細等はWEB明細を利用すると郵送物が減りますよ。

  • カードを自動契約機で受取る
  • カードレスを利用する
  • WEB明細を利用する

他にも、郵送物の受取方法を勤務先に設定することができるところもありますので、勤務先を選ぶと家族にバレる心配は減ります。

カードローンを初めて利用する時には、不安もたくさんありますよね。そこで、カードローンについて知ることで不安を解消できるのです。たくさん情報を集めて、自分にピッタリなところを見つけてくださいね。

カードローンに申し込もうと思ったら、書類の提出があ...

カードローンを利用する時には、計画的な返済がポイン...

カードローンに申し込むなら、早めに借りられるように...

お金が必要だけど、すぐに工面できない。そんな時には...

閉じる
閉じる