おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

コンビニATMに対応しているカードローンのメリット・デメリット

カードローンには自社ATM以外にも提携ATMで借入れ・返済の利用ができることは知っていますか?

この提携先にコンビニATMが入っていると、時間を気にせず、いろいろな場所で借入れができるようになります。急な出費や地方に出張や旅行に行った時でも安心ですね。

ここではコンビニATMが利用できるメリットやデメリット、コンビニATMと提携している消費者金融や銀行カードローンを紹介していきます。

カードローンでコンビニATMを利用!そのメリットとは

カードローンの借入方法では、ローンカードを利用してATMから借入れする方法と振込みによる方法があります。ここでは、ローンカードを利用してATMから借入れする方法について見ていきます。

ATMを利用して借入れを行うのであれば、ATMを探す必要がありますよね。この時にATMの台数がたくさんあればあるほど、見つけやすくて助かります。そこで、コンビニATMが利用できるとATMの台数も増えますよ。

コンビニATMのメリット

コンビニATMのメリットと言えば、先ほど紹介した通りATMの台数がたくさんあることですね。コンビニと言えば全国各地にありますので、出張先や旅先でも困ることがありません。

そして、コンビニは24時間営業で、設置してあるATMもほぼ24時間365日利用できるところが多いです。

つまりコンビニATMと提携しているカードローンなら土日祝日、深夜早朝など、お金が必要な時にいつでも借入れできるのです。

  • 全国どこでも対応
  • 24時間365日利用可能
  • 周りにバレにくい

コンビニATMとは「セブン銀行ATM」「ローソンATM」「Enet」が有名ですね。また、コンビニATMは銀行普通口座の引き出しや預け入れにも対応しています。

そのため「コンビニATM=カードローンの借入れ」というイメージはなく、利用していても周りにはカードローンの借入れとは分かりにくいのがメリットですね。

もちろんコンビニATMとはいえ、メリットばかりではありません。デメリットもありますよ。

知っておきたい!コンビニATMのデメリットとは

コンビニATMは既に紹介した通りメリットの多い利用方法となりますが、もちろんデメリットもあります。デメリットにも目を向けていきましょう。

コンビニATMのデメリット

コンビニATMのデメリットと言えば、以下が挙げられます。

  • 返済日を忘れやすい
  • 利用上限金額が決まっている
  • 利用手数料がかかる場合がある
  • カードローンによっては、利用できない時間帯がある

返済日を忘れやすい

カードローンではローンカードを利用した返済方法があります。この返済方法を利用していると、返済日に返済を忘れてしまうケースがあります。

口座引落が利用できる場合は、借入はローンカードで便利に利用し、返済は自動引落しが返済忘れの心配もなく安心ですね。

利用上限金額が決まっている

コンビニATMを利用する際、カードローンの多くは1日あたりの利用上限額を50万円までに設定してあります。

もし50万円以上利用したい場合は、他の融資手段を利用したり、カードローン会社に相談したりする必要がありますよ。

また、1回あたりの利用上限額が20万円となっているカードローンもありますので、公式ホームページ等で事前に確認しておきましょう。

利用手数料がかかる場合がある

コンビニATMでは、利用手数料がかかるところもあります。これはカードローン会社によって異なりますので、コンビニATMで借入れ・返済を行う予定がある場合は、事前に借入先の利用手数料をチェックしましょう。

カードローンによっては、利用できない時間帯がある

カードローンによっては、0:10~23:50など利用時間が決まっているところもあります。こちらも事前に借入先のホームページ等で確認しておくと安心ですね。

メリット デメリット
全国どこでも対応 返済日を忘れやすい
24時間365日利用可能 利用上限金額が決まっている
周りにバレにくい 利用手数料がかかる場合がある
利用できない時間帯がある

コンビニATMのメリット・デメリットを知ったうえで、カードローンを利用しましょう。

コンビニATMと提携している消費者金融を紹介

コンビニATMと提携している消費者金融は多数あります。

  • アコム
  • アイフル

多数ある中から、上記の消費者金融のコンビニATMの対応を見ていきましょう。

アコム

アコムでは、コンビニATMやショッピングセンターのATMも利用可能です。アコムのステッカーが貼ってあるATMが目印ですよ。

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • Enet

先ほど紹介したコンビニATMの全てが利用できますね。利用できない時間帯としては、毎週月曜日の午前1:00~5:00が定期点検のため利用不可となっています。

またアコムのATMを利用した場合は手数料が無料となっていますが、コンビニATMを利用した場合は所定の手数料が必要になります。

取引金額 利用手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

借入れには、なるべくアコムのATMを利用して、どうしても必要な時だけコンビニATMを利用した方が、手数料の負担が軽く済みますよ。

アイフル

アイフルでは、アイフルATMとコンビニATMなど提携先のCD/ATMが利用可能になっています。利用出来るコンビニATMは、アコムと同じくセブン銀行ATM、ローソンATM、Enetとなっていますよ。

アイフルでも、コンビニATMを利用する時には利用手数料が必要となります。手数料はアコムと同額となっていますので、利用する時には手数料のことも頭に入れておく必要がありますね。

コンビニATMと提携している銀行カードローンを紹介

コンビニATMと提携している消費者金融は多く、便利に利用できるのですが、消費者金融の場合はほとんどの所で利用手数料がかかります。

先ほど紹介したアコム、アイフルの他にもプロミス、SMBCモビットでもコンビニATMの利用時には所定の手数料が発生します。そこで、銀行カードローンの場合はどうなのか見ていきましょう。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 三井住友銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローンでは、三菱東京UFJ銀行またはコンビニATMから借入れが可能となっています。

しかも、ATM利用手数料は無料となっていますので、安心して何度でも利用することができるのです。

ただし、利用できない時間帯がありますよ。

曜日 利用できない時間帯
毎日 23:50~翌日0:10の20分間
毎週月曜日 1:00~5:00
毎月第2土曜日 21:00~翌朝7:00

月曜日の早朝や第2土曜日の深夜・早朝は長時間使えないため、気を付ける必要がありますね。もちろん実際の利用時間はATMによって異なりますので、普段使う予定のATMの利用時間もチェックしておきましょう。

そして、バンクイックの利用限度額に関わらずATMでの1日あたりの引出限度額は50万円に設定されています。

設定額を変更したい場合は、第二リテールアカウント支店へ連絡しましょう。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行ATM・コンビニATM・ゆうちょATM・提携金融機関ATMと、様々なATMを利用することができます。

その中でも三井住友銀行ATM・コンビニATM・ゆうちょATMはATM利用手数料無料で利用できますよ。

しかもコンビニATMでは三井住友銀行の普通預金キャッシュカードで借入れができますので、周りにバレたくない方にもピッタリです。

コンビニATMの利用手数料

銀行カードローンでは、コンビニATMの利用手数料が無料のところもあれば、有料のところもありますので、コンビニATMでの借入れ・返済をメインに考えている場合は、事前にしっかりチェックする必要があります。

ちなみに都市銀行やネット銀行ではコンビニATMの利用手数料が無料のところが多いです。地方銀行では有料のところが多く、中には月何回までなら無料といったところもありますよ。

銀行 コンビニATMの手数料
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 無料
三井住友銀行カードローン 無料
イオン銀行カードローン 無料
楽天銀行カードローン 無料
横浜銀行カードローン 所定の手数料が必要
愛媛銀行カードローン 月4回まで無料

コンビニATMに対応しているかは、カードローンを選択する上でとても重要なポイントとなります。そのためコンビニATMのデメリットも把握し、使いやすいカードローンを選ぶことが大切ですね。

閉じる
閉じる