おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

希望限度額は30万円!借りやすい利用限度額カードローンを探す方法

カードローンを借りる時には、いくらまで借りられるかは重要なことですよね。そこで確認したいのは融資限度額ですね。ここが希望する限度額よりも低い金額であれば、希望額の借入れができません。

けれどカードローンの融資限度額とは別に、借りられる金額は申込者によって決められているのです。そのため申込者がいくら希望額を提示しても、その金額まで借りられるかは審査次第となるのです。

それでは融資限度額と借入限度額は違うことを紹介し、どのようにすると希望限度額まで借りることができるのか見ていきましょう。

意外に知らない!融資限度額と借入限度額は違う

融資限度額とは、それぞれの金融機関が決めている上限金額となります。

これは金融機関が決めている上限金額なので、誰が申し込みをしてもこの金額以上の借入れができることはありません。

金融機関 融資限度額
アコム 800万円まで
プロミス 500万円まで
バンクイック 500万円まで
三井住友銀行 800万円まで

金融機関によっては、融資限度額を利用限度額・契約極度額等、さまざまな言い方がありますが、内容は同じで融資できる限度額となりますよ。

例えば30万円借入れしたい方であれば、上記のいずれの金融機関を選んでも、希望金額を借りられる可能性はあるのです。ただし希望額の30万円を借りるためには、審査で借入限度額が30万円以上になる必要がありますよ。

カードローンの借入限度額には年収が関係する

「借入限度額を30万円以上にするためには、どうしたら良いのか…」と言えば、以下の点をチェックしましょう。

  • 年収
  • 過去の借入れ

年収

借入れには年収がポイントになります。これは、カードローンが担保や保証人ではなく、個人の信用をもとにお金を貸しているからですね。

個人の信用があるかをチェックするには、まずは安定した収入があることが条件となります。

安定した収入とは、毎月継続して収入があり、毎月確実に返済できることがポイントなのです。

また消費者金融で借り入れをする時には、総量規制が関係してきます。総量規制とは、「個人の借入れでは年収の1/3を超える借入れは出来ない」とする決まりになります。

総量規制から考える

総量規制から考えると、例に挙げた30万円を借りようと思ったら90万円以上の年収が必要となります。毎月の給料が平均して75,000円あると、希望額30万円で申込むことができるのです。

「毎月の給料が平均して」といったように、安定した収入とは必ず毎月継続した収入が必要ということであり、必ずしも毎月75,000円以上なければならないという訳ではないのです。

給料が6万円の月もあれば、9万円の月もある、だけど年収にしたら90万円以上あるのであれば、希望額30万円の申込みは可能となりますよ。

過去の借入れ

過去に借入れ経験がある場合は、その借入れが現在どうなっているのかがポイントになります。

  • 現在も借入残高がある
  • 現在は完済している
  • 現在、延滞している

現在も借入残高がある場合は、その残高によって借入れできる金額が決まってきます。先ほど紹介した総量規制では、過去の借入れも含めて総借入額が年収の1/3以下である必要があります。

そのため年収90万円の方で、過去に10万円借入れしている場合は、新たに借入れできる金額は20万円までとなるのです。逆に現在は完済している場合では、新たな借り入れは年収の1/3まで可能となりますよ。

けれど現在、延滞している場合は新たな借り入れはできません。カードローンは信用をもとにお金を貸すため、延滞や債務整理等の経験があると、信用できないため審査に通ることができないのです。

増枠を狙う!まずは希望限度額は低めで申し込み

ところでカードローンの融資限度額は、増枠できるところが多いです。そのため、まずは希望限度額を低めに抑えておきましょう。必要最小限度の金額で申し込みをするのがコツなのです。

必要最小金額で申し込みをすることで、年収ギリギリの借入れではなくなりますよね。

年収 借入限度額 借入希望額
90万円 30万円 30万円
90万円 30万円 10万円

いかがですか?上記の表を見ると分かるように、借入希望額が借入限度額いっぱいまであると、本当に返済できるのか不安になりますよね。

一方、借入希望額が借入限度額よりも少ないと、余裕を持って返済できることが分かります。

つまり、好印象となるのです。まずは、好印象でカードローン審査に通ることが目的となりますよ。

増枠の方法

カードローンの審査に通ることができると、利用していきましょう。

借入・返済を何度も繰り返し、延滞なく返済を続けることで金融機関と信用が築けるのです。

信用が築けると、増枠のチャンスですよ!

  • 金融機関から増枠の提案がくる
  • 自分から増枠の申し込みをする

カードローンの中には、信用が築けると増枠のお知らせが届くところがあります。「利用枠を10万円から20万円へ引き上げることが可能です」といったお知らせになります。

このお知らせを受取った時に「増枠する」を選ぶと、借入限度額を引き上げることができるのです。この方法が一番ラクですが、金融機関からいつ増枠の提案が届くかは分かりません。

そこで、どうしても増枠したい時には、自分から増枠の申し込みをするのです。ただし、自分から増枠に申込めるカードローンと、申込めないカードローンがありますので、申込み前にチェックしておきましょう。

金融機関 増枠の可否 方法
アコム アコム総合カードローンデスクへ連絡
プロミス インターネット会員サービスへログイン後、手続き
バンクイック 第二リテールアカウント支店専用ダイヤルまで連絡
三井住友銀行 電話・ローン契約機にて増額可能

上記の通り、消費者金融でも銀行カードローンでも増枠は可能なところが多いのです。

そのため、まずは必要限度額で申し込みをし、その後に希望額まで限度額を引き上げる方が審査への不安が少なくなりますよ。

ただし増枠にも審査はありますので、気は抜けませんよ。

希望通りの利用限度額カードローンにするには

ここまで見てきて、希望通りの利用限度額カードローンにするには、カードローンの商品をチェックすること、申込時にちょっとした工夫をすることがポイントになることが分かりましたね。

  • カードローンの商品チェック
  • 申込時の工夫

カードローンの商品チェックでは、まずは融資額は希望額以上なのか、そして増枠は可能なのかがポイントでしたね。

  • 商品の融資額をチェック
  • 増枠の可否をチェック

申込時の工夫では、必要最少金額で申込むことですね。その後に、利用実績を作り信用を築けてから希望額へ増枠していくのです。

  • 必要最少金額で申し込み
  • 利用実績を作ってから増枠
増枠までは、最短半年の利用実績が必要だと言われますが、あまりにも早すぎる時期に増枠希望をしてしまうと、信用を下げてしまいます。

信用が下がると借入限度額が下がる可能性もありますので、半年~1年以上の利用実績を作ってからの増枠申し込みが良いですね。

希望通りの利用限度額カードローンにするためには、こういったことも知っておくことが大切ですよ。

閉じる
閉じる