おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

カードローンの債務整理中は返済優先!新たな借入はしないほうがいい

カードローンの返済がままならず債務整理を行うことになった場合は、返済に専念しましょう。

もちろん、債務整理の返済中でもお金が必要になる状況はあり得ます。そんな時でも、新たなカードローンの利用を考えず返済していくことが大切なのです。

ここでは、債務整理とはどんなことを言うのか紹介し、債務整理中にできなくなること、過去に債務整理をしたことがあるとどうなるのか、債務整理中はカードローンを利用しない方がいい理由を説明していきますよ。

分かっているようで意外に分かっていない?債務整理とは

債務整理と聞くと、借金を払わなくて済むことだと思っていませんか?その代りに何らかの制限を受けるものだというイメージを持っていませんか?

実は、債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類があり、よく言われているイメージは「自己破産」の内容になりますよ。

4つの内容を詳しく見ていきましょう。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理とは、借金を減額して3~5年程度の分割返済で和解する手続きになります。

カードローン会社との交渉は、司法書士や弁護士等の専門家が行いますので、利用者は交渉後の減額された借金と分割返済の内容を専門家から聞くことになります。

取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利に金利を引き下げて再計算することで元本を減らし、今後の金利はカットして生活に支障のない範囲に減額して、毎月返済しますよ。

特定調停

特定調停は、利用者が簡易裁判所に申立を行い、調停委員のもとでカードローン会社と話し合って借金の減額や返済方法について決めます。

任意整理と同じように、引き直し計算によって減額された元本をもとに分割して返済していきますよ。

任意整理では弁護士や司法書士等の専門家が代理人となってカードローン会社と和解交渉を行いますが、特定調停では裁判所が仲裁役となってカードローン会社との和解成立を支援していきます。

個人再生

個人再生は、住宅等の財産を維持したまま、大幅に減額された借金を原則として3年間で分割して返済していきます。ただし、住宅ローンは免除されませんよ。

継続して収入のある場合に地方裁判所に申立てを行うことで手続開始となります。

自己破産

自己破産は、財産、収入が不足し、支払いが困難である場合に、地方裁判所に申立てを行い、破産者と認定されると借金の全額が免除されます。

個人再生では、地方裁判所に申立てをしても借金全額の返済義務がなくなるわけではありません。けれど自己破産では、借金の全額免除となるのです。

また、自己破産では生命保険募集人など一定の職業に就けなかったり、高価な財産も全部処分されたりしますが、個人再生では職業の制限はありませんし、高価な財産が処分されることもありませんよ。

債務整理 利用できる人
任意整理 継続して収入があり、減額後の借金を3年程度で返済できる方
特定調停 継続して収入があり、減額後の借金が3年程度で返済できる方
個人再生 住宅ローン除く借金が5,000万円以下で、継続収入有りだが、返済不能な方
自己破産 支払不能であると認められる方で過去7年以内に免責を受けたことがない方

自己破産以外は、借金の減額後に返済を行っていく必要があるため、継続した収入が必要になります。

これから債務整理を考えている場合は、上記を見てどの債務整理が自分に合っているのか考えると良いですね。

知っておかないと損!債務整理中にできなくなること

債務整理をすると、できなくなることもあります。

先ほど紹介した通り自己破産では、職業制限や高価な財産の処分などがありますので、借金を返済しなくても良くなる代わりに、これまで通りの生活ができなくなることが分かりますね。

けれど、それ以外の債務整理でも信用情報機関に債務整理の内容が記載されますので、できなくなることがありますよ。

  • クレジットカードの発行ができない
  • 各種ローンが組めない

クレジットカードの発行ができない

クレジットカードはカードローンと同様に「信用」の上で成り立っています。

そしてクレジットカード会社も信用情報機関に加盟しているため、カードローンで債務整理した場合は、その情報がクレジットカード会社でも分かります。

そのため債務整理をしている場合は、信用に値するという判断がされず、クレジットカードの発行ができないのです。

各種ローンが組めない

各種ローンと言えば、住宅ローン、教育ローン、自動車ローン、おまとめローンなど、様々なローンがあります。これらも先ほど紹介したクレジットカードの審査と同じように、信用情報機関に照会をします。

そのため、債務整理等の情報が信用情報機関に登録してある間は、審査に通ることは無いのです。

過去の債務整理ならカードローンが利用できることもある

ここまで、債務整理を行うとできなくなることについて紹介してきましたが、過去に債務整理があると、絶対に借入れはできないという訳ではありません。

中堅消費者金融では、他社の返済が現在延滞中だったり、過去の借入れを放置している場合は借入できません。

けれど、過去の借入れを放置せずにきちんと返済の意思を見せ、現在延滞がなければ、カードローンに申し込むことができるところもあります。

中堅消費者金融 利用条件
フクホー 他社の返済が現在延滞中でなく、過去の借入れを放置していない方
アロー 現在、他社のご返済が遅れていない方

上記のように過去の借入れを放置せず毎月返済できていると、過去に債務整理の経験があっても借入れできる可能性があるのです。ただし借りなくても良い状況であれば、新たな借り入れは極力避け返済に専念しましょう。

まずは返済が優先!債務整理中はカードローンの利用はしない

任意整理・特定調停・個人再生の場合で、債務整理の返済中であっても、きちんと返済日を守って返済できていれば、中堅消費者金融で借り入れできることもあることを紹介しました。

けれど債務整理の返済中であれば、新たな借入よりも返済を優先しましょう。

債務整理の登録期間

債務整理の情報は、信用情報機関に5~10年間登録されます。個人再生や自己破産では、信用情報機関以外にも官報に10年載る為、任意整理や特定調停よりも新たな借り入れはしにくくなります。

けれど債務整理の返済も終わり、信用情報機関の登録情報が無くなると、アコムやアイフルなどの大手消費者金融でも問題なく借入れできるようになります。

闇金に注意

既に紹介した通り、フクホーやアローのように債務整理の経験があっても利用できる中堅消費者金融はありますが、中には闇金と見分けがつかない場合があります。

闇金に関わってしまうと、債務整理の返済どころではなくなってしまうため、完済が遠くなってしまいます。

せっかく和解した計画を崩さないためにも、新たな借り入れは行わないに限るのです。

繰り返しになりますが、債務整理中は新たなカードローンに申込みはせず、返済に専念しましょう。

閉じる
閉じる