おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

派遣社員でも利用可能!勤務先などカードローン審査に通るコツとは

カードローンを利用できるのは正社員だけだと思っていませんか?カードローンの利用条件には「安定した収入」という言葉が出てきますが、安定した収入に該当するのは正社員だけではないのです。

毎月定期的に収入があれば、正社員以外の契約社員・派遣社員・パート・アルバイトなどの雇用形態でも申し込むことができるのです。

ここでは、派遣社員に注目して派遣社員が悩みがちな勤務先の入力方法、在籍確認について説明していきます。派遣社員であっても利用可能なカードローンは多数ありますよ。

カードローン審査で重要なのは安定した収入

先ほど紹介した通り、カードローン審査で重要なのは「安定した収入」になります。どのカードローンの利用条件にも載っていますね。

金融機関 利用条件
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
アイフル 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
三菱東京UFJ銀行 満20歳以上65歳未満の原則安定した収入がある方
三井住友銀行 満20歳以上満69歳以下の原則安定した収入のある方

年齢と安定した収入が利用条件となっていますね。安定した収入には、様々な言い方があり、アイフルのように「定期的な収入」となっていたり、「継続した収入」となっていたりするところもあります。

いずれにしても毎月定期的に収入があり、その状況が半年以上続いていると「安定した収入」と見なすことができるのです。

金額については触れていませんので、アルバイトやパートなどの数万円でも、毎月定期的に継続して収入があれば条件を満たすことになりますよ。

派遣社員でも問題なし!安定した収入があれば審査に通る

アルバイトやパートであっても、毎月定期的な収入があれば審査に通りますので、派遣社員であっても安定した収入があれば審査に通ることができるのです。

カードローンでは「安定した収入」が審査に通る必須条件ですよ。

もちろん、過去の借入履歴から返済能力が無いと見なされたり、収入に見合わない借入希望額だったりすれば審査に通ることはできませんが、派遣社員だからという理由で審査に通らないということは無いのです。

いくらまで借りられる?

派遣社員でもカードローンに申す込みができることが分かりましたね。けれど、いくらでも借りられるわけではありません。派遣社員の場合は、収入やその他の状況によって変わります。

初めての借り入れであれば、30万円~50万円が審査に通りやすい借入額となります。年収が100万円以下であれば多くても30万円となりますよ。

また、その他に家賃が年収に対して高めだったり、他社から借入れがあったりする場合は、新たな借入額は低くなってしまいます。

派遣社員が注意するべきこと

ひとまとめに派遣社員と言っても、正社員と同じように長期でフルタイム働く方もいれば、勤務時間が短かったり勤務日数が少なかったりする方もいますよね。

雇用形態 保険証の種類
長期でフルタイム勤務 社会保険証
勤務時間が短い、勤務日数が少ない 国民健康保険証

1週間の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数が同じ事業所で働いている一般社員の4分の3以上である場合は、派遣社員も社会保険の適用となります。

社会保険証や組合保険証に加入していると、長期でフルタイム働いていることが分かりますので、収入が安定している証明にもなりますね。

つまり国民健康保険証よりも社会保険証を持っていると、審査に有利となりますよ。

申し込み過ぎに注意

派遣社員に限ったことではありませんが、同時に4社以上に申し込むと申込みブラックになってしまいます。

申込み履歴は全て信用情報機関に登録されてしまいますので、審査が不安だからと言って複数社に申し込みをしていると「非常にお金に困っている人だ」と判断されてしまいますよ。

勤務先は派遣元or派遣先?在籍確認はどうなるの?

カードローンに申し込みをしようと決めたら、申込フォームの入力になります。派遣社員の場合は、勤務先の入力で派遣元と派遣先のどちらを書いたらいいのか悩みますよね。

勤務先の情報は審査に大きく影響しますので、正確に入力する必要がありますよ。

派遣元を入力

申込フォームに入力する場合は、派遣元を入力します。実際には派遣先で勤務していますが、雇用しているのは派遣元となり、給料の支払い等も派遣元となります。

そのため、派遣社員の場合は派遣元を勤務先として入力していきますよ。

在籍確認はどうなる?

派遣社員であっても在籍確認はあります。在籍確認では、カードローン会社が勤務先へ電話して、申込者が実際に勤務しているのか確認しています。

そのため派遣元に電話がかかってきても、「自分の存在は知ってもらえているのかな?」と不安になる方もいます。

派遣社員は実際に働いているのは派遣先であるため、派遣元には登録する時にしか行ったことがない方もいますよね。在籍確認がスムーズにいくのか不安になるのも当然です。

派遣元に伝えておく

派遣社員で、在籍確認がスムーズに行くのか不安がある場合は、派遣元の担当者に予め在籍確認の電話があることを伝えておくと安心です。

もちろん、正直にカードローンの在籍確認があると伝える必要はありません。「クレジットカードの申込みをした」「保育園に申し込みをした」など、在籍確認がある適当な理由で在籍確認があることを伝えておくと良いのです。

派遣元の在籍確認がNGな場合

派遣会社の中には、個人情報保護を考えて、登録している派遣スタッフの情報を教えないことがあります。

会社員等であれば、申込者本人に仕事等の用件があるため変わってほしいと言えば在籍の有無は分かります。けれど派遣社員の場合は、派遣元で働いている訳ではないため電話がかかることがありません。

そのため、電話しただけでは在籍確認が取りにくいのです。

カードローン会社に相談

派遣会社の対応が「登録している派遣スタッフの情報は教えない」だった場合は、カードローン会社に事情を説明しましょう。

カードローン会社によっては、派遣元名が記載された給与明細書等の書類で対応してくれるところもあります。

また、派遣会社によっては在籍確認に対応していない代わりに在籍証明書を発行してくれるところもあります。

  • カードローン会社:給与明細書等の書類で対応
  • 派遣会社:在籍証明書の発行

派遣社員で在籍確認が不安な場合は、まずは派遣元に在籍確認があることを伝えておく、在籍確認に対応していないことが分かればカードローン会社に相談してみるといった対応ができますよ。

申込フォームに派遣元の情報を入力

派遣元に在籍確認があることを伝える

在籍確認に対応していない場合は、カードローン会社へ相談

知っていると便利!電話連絡がないカードローンもある

上記のように、派遣元に在籍確認があることを伝えるのが億劫な場合は、思い切って電話連絡のないカードローンを選択する方法もありますよ。

  • SMBCモビットWEB完結
  • アスト

SMBCモビットWEB完結

SMBCモビットWEB完結なら勤務先への電話連絡はありません。そのため、在籍確認がキチンとできるのか不安を抱えている方が申込むにはピッタリですね。

ただし、三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行に口座があることが条件となっており、更に勤務先を確認できる書類として、社会保険証か組合保険証の写しが必要となっています。

  • 三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行に口座が必要
  • 社会保険証もしくは組合保険証の写しが必要

つまり、保険証の種類が社会保険証でなければなりません。SMBCモビットのWEB完結を利用するには、長期でフルタイム勤務の派遣社員が該当しますよ。

アスト

消費者金融アストでは、基本的には勤務先へ電話連絡をして在籍確認をしています。けれど、在籍確認には電話以外の方法もあります。

どうしても勤務先に電話連絡をされては困るという場合は、申込時にアストへ申し出ることで、電話連絡以外の方法で在籍確認ができますよ。

電話連絡以外の場合

在籍確認に電話連絡以外の方法を選ぶには、SMBCモビットのように商品自体に電話連絡がないパターンとアストのように基本的には電話連絡があるけれど、配慮して電話連絡を無しにするパターンがあります。

いずれにしても、電話連絡の代わりに勤務していることが証明できる書類(社会保険証や在籍証明書)等の提出が必要になりますので、書類の準備が大切ですね。

派遣社員でもカードローンの利用は可能!

ここまで見てきて、派遣社員でもカードローンの利用は可能であることが分かりました。派遣社員の場合は、申込フォームの勤務先は派遣元を入力することがポイントでしたね。

カードローンでは安定した収入があることが大切であり、毎月継続して収入があれば派遣社員であっても問題なく申し込みができるのです。

ただし在籍確認の電話連絡には注意が必要で、あらかじめ派遣元に在籍確認があることを伝えたり、電話連絡のないカードローン商品を選んだりすることが解決策となりますよ。

閉じる
閉じる