おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

年収300万!カードローンで借りられるのは1000万?100万?

カードローンでお金を借りようと思ったら、年収が関係してきます。消費者金融では年収の1/3まで、銀行カードローンでは年収の1/2~1/3程度まで借入れ可能です。

けれど、年収だけではなく利用限度額を決めるには職業、勤続年数、他社借入れ状況、過去の債務整理履歴等も関係してきます。

ここでは、年収300万円ではいくら借りられるのかを見ながら、限度額や信用情報の評価を上げるには、どうしたら良いのかを見ていきますよ。

年収300万円なら消費者金融のカードローン可能額は100万円まで

消費者金融では、年収の1/3を超える借入れはできないという決まりがあります。

そのため年収300万円の方であれば、消費者金融での借入れは最高で100万円までとなります。

「消費者金融では」と言いましたが、クレジットカードのキャッシング枠など信販会社での借入れも同じく年収の1/3までとなりますよ。

これは、消費者金融も信販会社も貸金業法という法律をもとにしているからですね。

貸金業法の総量規制

貸金業法とは、消費者金融や信販会社等の貸金業者からの借入れについて定めている法律になります。

貸金業法は平成18年に抜本的に改正され、利用者が借り過ぎない、貸金業者が貸し過ぎない決まりを定めています。

その決まりの中の一つが、先ほど紹介した「年収の1/3を超える借入れはできない」とする総量規制になりますよ。

総量規制は平成22年6月18日から実施されていますが、実施された時点で年収の1/3を超える借入れ残高がある場合は、超えている部分についての返済は、すぐに返済する必要はなく、これまで通りの返済となりますよ。

年収300万で銀行カードローンなら1000万借りられる?

先ほど紹介した総量規制は、消費者金融や信販会社等の貸金業者から個人が借入を行う場合の決まりとなりますので、銀行カードローンでは対象外となります。

けれど年収300万ではカードローンで1000万円は借りられません。これは、各銀行ごとに融資額の目安があるからですね。年収を超える金額の借入れは、返済できないため借りることはできません。

ちなみに、住宅ローンや自動車ローン等の高額融資も総量規制の対象外となりますので、安心して借入れ・返済を行ってくださいね。

銀行カードローンは銀行法が適用

先ほど銀行カードローンでは、各銀行ごとに融資額の目安があることに触れましたが、銀行では銀行法が適用となっており、各銀行によって融資額の限度額が異なるのです。

たいていの所では、年収の1/2~1/3程度が目安となっています。けれど、借入限度額が1000万円までの千葉興業銀行では、年収条件を以下のように定めています。

借入限度額 年収条件
30万円、50万円、100万円 なし
200万円 400万円以上
300万円 600万円以上
400万円 800万円以上
500万円、600万円、700万円、800万円、900万円、1000万円 1000万円以上

千葉興業銀行では高額になればなるほど、年収の1/2を超える借入れも可能となっていますね。1000万円の借入でも年収は1000万円以上でOKとなっていますので、年収と同程度の借入れが可能となっています。

融資額が1000万円までとなっている地方銀行は他にもあり、例えば横浜銀行や福岡銀行がありますが、これらでは年収条件が明記されていません。

そんな場合は、年収の1/2程度までの借入れ希望額で申し込みをする方が、安心して審査結果を待つことができます。

また、高額融資を希望するのであれば年収以外にも気にしておきたい項目がありますよ。

知っていると安心!借入限度額を決める審査項目

年収以外にも借入限度額を決めるには、以下の審査項目がポイントになります。

  • 職業
  • 勤続年数
  • 他社借入状況
  • 過去の債務整理履歴

カードローンでは、安定した収入があること、返済能力があることが必須条件となっていますので、この条件を満たしているのか見極めることが大切ですね。

職業

職業で安定性をチェックしようと思ったら、公務員、大手企業、中小企業、個人事業主の順に評価が高くなります。

職業に収入の安定性があると、返済も確実に行うことができますので、安心してお金を貸すことができますね。

勤続年数

勤続年数は長くなればなるほど、収入の安定性が出てきます。勤め始めて半年では、まだまだ辞める可能性もありますので、収入が安定しているとは言えませんね。

けれど勤続年数が10年となると、今後も勤める見通しが立ちます。そのため、収入も安定していると言えるのです。

他社借入状況

他社借入状況は、返済能力を見る時に必要となります。他社借入状況は、申込書に他社借入件数・金額を入力する必要があるところが多いです。

そのため申込書からも他社借入状況は分かりますが、消費者金融等の貸金業者では信用情報機関へ照会して、申込者の他社借入状況をチェックすることが義務付けられています。

複数社から借り入れをしていたり、年収の1/3を超える借入額を希望していたりする場合は、審査に通りませんよ。

過去の債務整理履歴

過去の債務整理履歴も返済能力を見るための参考となります。過去に自己破産や債務整理等の手続きを行っていると、審査に通ることができません。

しかし信用情報機関には情報の登録期間が定められており、債務整理等の履歴も5年を超える登録はしていません。

つまり、債務整理や自己破産をしてから5年が経過すると、信用情報機関の登録情報が無くなり、再び借入可能となりますよ。

知っておきたい!利用限度額や信用情報の評価を上げる方法

ここまで見てきて、消費者金融では年収の1/3以下の借入れが可能、銀行カードローンでは年収の1/2~1/3程度までは借入可能だという事が分かりましたね。

けれど、実際にはいきなり年収に対する上限額まで借入れできない方が多いのです。なぜなら、年収に対する上限額まで借入れしようと思ったら、金融機関と信用関係を築く必要があるからです。

  • 定期的にカードローンを利用
  • 返済日を毎月守る

上記が金融機関と信用関係を築く方法となります。

定期的にカードローンを利用

定期的にカードローンを利用して、借入・返済をくり返していると、金融機関側にも確実に返済してくれる方だということが分かり、安心してお金を貸すことができます。

つまり定期的にカードローンを利用していると、金融機関から信用されて、お金を借りることができるのです。この人にお金を貸しても、確実に返してもらえるから安心してお金を貸すことができるというコトですね。

信用関係があると、増額しても返済してもらえる見通しが立つため、金融機関側も安心して利用限度額を引き上げることができるのです。

返済日を毎月守る

返済日を毎月守るということは、簡単なようで難しいことなのです。なぜなら、毎月収入が安定している訳ではありませんし、出費も同じわけではないからです。

例えば、残業の有無や営業手当など勤務形態によっては、毎月の収入が異なることもありますよね。そして、出費も食費や雑費等の固定費以外の出費は毎月異なります。

そうなると、返済に充てることができる金額も毎月異なるのです。そのため、毎月返済日を守って確実に決められた金額を返済するという事は、実は難しいことなのです。

返済日に振込みができない

また、返済日に用事が重なってしまって振込に行くことができないという事もあり得ます。もちろん口座引落で返済している場合は、振込に行く手間は省けますが、残高不足等が無いのか確認はしておきたいですね。

そこで毎月返済日を守って返済する時も、返済日に用事が重なってしまわないように注意する必要があるのです。

信用情報の評価を上げる

信用情報の評価を上げるには、既に借入れがある場合は返済を行ったり、使っていないカードは解約したりすると良いのです。

返済を行うことで完済が近くなり、完済することで借入れ件数を減らすことができ、返済能力あると見なしてもらえるのです。

高額融資を希望するなら

つまりカードローンで100万円借りようと思ったら、最初に気をつけることと言えば年収のチェックですね。そして200万円~300万円以上の年収がある場合は、年収以外の審査項目を見ていきましょう。

職業、勤続年数、他社借入状況、過去の債務整理履歴等から、安定した収入や返済能力があることが判断できますか?

また必要金額が100万円よりも少ないけれど、100万円の借入れを希望する場合は、まずは必要な金額で借入れを希望してみることも、審査に通りやすくなるコツですよ。

審査の結果、決定された利用限度額が年収の1/3よりも少ない場合は、金融機関と信用関係を築いたり、信用情報の評価を上げることで、利用限度額を年収の1/3程度までアップさせることができるのです。

閉じる
閉じる