おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

希望条件から選ぶ!自分にピッタリなカードローンを探そう

自分にピッタリなカードローンを探したいと思いませんか?ピッタリなカードローンって、どんなカードローンなのか希望条件は決まっていますか?

そうです!自分にピッタリなカードローンを探すには、どんなカードローンがいいのか希望条件をハッキリさせる必要があるのです。

例えば、即日融資希望・高額融資希望・低金利希望・利便性重視・返済額を抑えたい等、いろんな希望がありますよね。このサイトでは、こういった希望条件について見ていきますよ。

希望条件は即日融資!スマホで申込むと速い?

カードローンを利用しようと思った時には、急いで借入れがしたい方が多いですよね。

そんな方の希望条件は、即日融資に対応しているカードローンとなります。

即日融資のコツ

即日融資を希望するなら、申込方法を考える必要があります。

即日融資はスマホから申込む、または自動契約機に来店する方法があります。

  • スマホから申込む
  • 自動契約機に来店する

スマホから申込む

スマホから申込む場合は、申込み時間に注目しましょう。スマホやパソコン等のネットからの申し込みで、即日融資を希望する場合は、14時までに申し込みをする必要があるところがほとんどです。

そのため、早めの申込みがポイントになりますよ。スマホから申込みをすると、最短30分審査で即日融資可能となっているところも多いため、お金が早く必要な時にはピッタリです。

カードレスで安心

スマホから申込みをした場合は、振込による融資となります。振込みなのでカードレスで借入れができ、カードが届くまで待つ必要がないのです。

初回後もカードレスで振込みによる融資となるところもあれば、初回だけ振込みOKで、その後はカードを利用してATMから借入れするところもありますので、初回後の借入方法にも注目しておきましょう。

自動契約機に来店

自動契約機に来店する場合は、自動契約機の営業時間内へ来店すると、その場で審査完了→カード発行となりますので、併設されているATMを利用してすぐにお金を借りることができます。

その場でカードを受取る為、カードの郵送もなく、家族にバレないように借入れしたい方にはピッタリですね。

家族にバレずに借入希望

先ほど紹介した通り家族にバレずに借入しようと思ったら、カードの受取方法を郵送ではなく、来店にすると安心です。来店で受取ると、家族の目に触れることがありませんので、バレるきっかけを作りません。

また、利用明細書やダイレクトメールの郵送を止めて、WEB明細を利用したり、お知らせはメールで受取るようにしたりしておくと良いですね。

収入証明書不要で借入希望

収入証明書は家族が管理している場合もありますよね。そんな時は、収入証明書不要の金額で借入れすると良いのです。必要書類は運転免許証等の本人確認書類のみとなりますよ。

収入証明書類が不要となる金額は、金融機関によって異なります。

50万円以下の借入れであれば、銀行カードローン・消費者金融のいずれも選ぶことができますが、50万円を超える高額融資を希望するのであれば、銀行カードローンだけが収入証明書類不要となります。

銀行カードローンでは、各銀行によって収入証明書類を必要とする借入金額が異なりますので、申込み前にいくらから収入証明書類が必要となるのでチェックしておきましょう。

高額融資・低金利希望!ピッタリなカードローンの探し方

高額融資・低金利を希望する場合は、銀行カードローン・消費者金融のどちらからでも選ぶことができます。

借入先 融資額 金利
アコム 1万円~800万円 年3.0%~18.0%
セントラル 300万円まで 年4.8%~18.0%
バンクイック 10万円~500万円 年1.8%~14.6%
みずほ銀行 1,000万円まで 年3.0%~14.0%

上記は、大手消費者金融アコム・中小消費者金融セントラル・都市銀行バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)・みずほ銀行の融資額と金利になります。

金利には幅がありますが高額融資となると、低い方の金利が該当となります。

融資額も金融機関によって異なり、最高融資額が300万円のところもあれば1,000万円のところもありますので、希望借入額をハッキリさせてから申込みましょう。

利便性重視!使い勝手のいいカードローンとは

利便性重視と言えば、借りやすい・返しやすいがポイントになりますね。

つまり利用出来るATMが多く、どこでも借入・返済可能だと便利ですね。そこで重要になってくるのがコンビニATMとなります。

コンビニ利用で便利

コンビニは全国各地にあります。そのためコンビニATMを利用できるとなると、全国各地で利用できることになります。

旅先や出張先等で地理がよく分からない場所に行っても、コンビニを見かけると借入・返済ができるのです。旅先・出張先での出費にも安心ですね。

また、カードローンを選ぶ時には対応しているATMをしっかり見る必要があります。

借入のみに対応のATM

ATMの中には借入れのみに対応しているものもあります。この場合は、借りるには便利なのですが、返済に困りますね。カードローンでは返済が大切です。

返済に遅れると借りられなくなったり、信用情報機関に延滞情報が載ったりします。またお金に困っている時には遠くにあるATMでも借りに行こうとしますが、返済のために遠くまで足を運ぶのは面倒に感じる傾向にあります。

そのため、借入れできるATMより返済できるATMが行動範囲内にあるカードローン会社を選んでおくと安心ですよ。

ATM手数料無料を利用

コンビニATMは利便性が良いのですが、ATM手数料が必要になるところもあればATM手数料無料で使えるところもあります。

ATM手数料無料の所であれば、こまめな借入れ・返済が可能ですが、ATM手数料が必要な所であれば、なるべく利用は控えることをおすすめします。

もちろん、緊急にお金が必要・絶対に今、返済する必要があるといった場合は、利用した方が良いですね。

けれど借りても借りなくてもどちらでも良い場合や、返済は今でなくても大丈夫な時には、手数料を考えて利用するかどうかを決める必要がありますよ。

  • 緊急にお金が必要
  • 今日中に返済する必要がある
上記が手数料ありでもコンビニATMを利用した方が良い場合です。手数料も何度も支払うと高額になりますので計画的に利用する必要がありますよ。

コンビニATMを利用できる場合でも、自社ATMが行動範囲内にあるところを選んだり、自社ATMが近くに無い場合はコンビニATMを無料で利用できるところを選んだりすると、便利に借入れ・返済することができますよ。

返済額を抑えたい!返済総額を抑える方法と月々の返済額を抑える方法

返済額を抑えたいと思っている場合は、具体的にどのように返済額を抑えたいのか把握しましょう。例えば返済総額を抑えたいのか、それとも月々の返済額を抑えたいのかといったことがありますね。

短期間で返済すると返済総額が少なくなる!

カードローンの金利は日割り計算となっています。そのため、短期間で返済すると長期間で返済するよりも返済総額が少なくなるのです。例えば、アコムの返済シミュレーションを利用して返済総額を比べてみましょう。

借入額 返済回数 月々の返済額 返済総額
100万円 72回 21,145円 1,522,381円
100万円 60回 23,789円 1,427,378円

上記の表を見ると分かるように、72回から60回へ返済回数を少なくしただけで、返済総額には約10万円の差ができるのです。

短期間で返済しようとすると、月々の返済額が多くなってしまいますが、上記の表で見ると月々の返済額が約2700円の違いで、返済総額が10万円も違うのなら、短期間の返済を目指した方がお得に感じますね。

無利息サービスで返済額を抑える

消費者金融や銀行カードローンの中には無利息サービスがあるところがあります。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • ノーローン
  • セントラル
  • レイク
  • ジャパンネット銀行
  • エポスカード

上記には無利息サービスがあります。ただし無利息サービスの内容はそれぞれ異なりますので、気になる金融機関をチェックしましょう。

無利息サービスを利用すると、金利が無利息となりますので、当然その分返済総額は減ります。無利息後も通常の金利となりますので、金利が割高になる心配もありません。

積極的に利用することで、返済額を抑えることができますね。

月々の返済額を抑えて家計の負担を抑える

返済総額を抑えたいと思っていても、実際に返済しようと思ったら、返済に回せる金額は限られますよね。

給料から家賃・水道・光熱費・食費等の出費を差し引いてから、返済金額を捻出する必要がありますので、なるべく月々の返済をラクにしたいと思う気持にも納得です。

そこで、月々の返済額を抑えようと思ったら、最少返済額に注目しましょう。返済額は借入残高に比例しているところが多く、借入残高が多ければ返済額も多くなりますが、金融機関ごとに最少返済額は異なりますよ。

最少返済額をチェック

最少返済額が高めに設定してあるところでは、同じ借入残高でも月々の返済額が高くなってしまいます。

例えば10万円以下の借入れ残高では月々の返済額が2,000円と設定してあるところもあれば、3,000円となっているところもあるのです。

月々の返済額を抑えると、返済総額が高くなってしまいますが、月々返済に使える金額は限られています。継続して返済していくには、無理のない返済が大切ですね。

そのため気になる金融機関の最少返済額をチェックして、返済できる金額かどうかを把握しておきましょう。

カードローンには無利息サービスを取り扱っているとこ...

最近ではスマホの普及率が高くなり、スマホを持ってい...

カードローンを利用する時に便利なのが、コンビニの提...

12
閉じる
閉じる