おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

ホステスやパチンコ店員も申込みOK!カードローンで必要な条件とは

カードローンを利用したいけれど、ホステスやパチンコ店員だと審査に通りにくそう…なんて思っていませんか?

ここでは、ホステスやパチンコ店員だとカードローン審査に通りにくいと言われる理由や、どうしたらカードローン審査に通るのかを見ていきます。カードローンには、審査に通るコツがあるのです。

中には「水商売でもOK!」となっているカードローン広告もありますが、このようなカードローン会社は借りない方が良い点なども紹介していきますよ。

ホステスやパチンコ店員だと借りにくいと言われる理由

働き方にはいろいろありますが、「飲食店でアルバイトをしている」と言うのと、「ホステスしています」と言うのでは、イメージが異なりますよね。そもそもホステスとはどういう方を言うのか、説明していきましょう。

ホステスとは

ホステスとは、高級クラブで働いている女性を言いますが、もともとは女主人旅館等の女主人や女将の事を言います。けれど、最近ではクラブやキャバレーの女性従業員のことをホステスと呼ぶことが多いですね。

レストランや喫茶店では、ウェーター・ウェートレスと呼ばれることが多いですが、バーやキャバレーではホステスと呼ばれることが多いのです。

一流企業などの役職レベルの方が来店するため、気配り・知識・接客術などが求められ、銀座・赤坂・六本木にお店が多くありますよ。

お店の種類 呼び方
レストラン、喫茶店 ウェーター、ウェートレス
クラブ、バー、キャバレー ホステス

ホステスのイメージとしては、夜にお酒の接待をする人たちですね。

パチンコ店員とは

パチンコ店員とは、パチンコ店で働いている方を言います。世間一般から見るとパチンコ店員と言えばイメージは悪いものとなっています。

なぜイメージが悪いのかを考えると、パチンコ店そのもののイメージが悪かったり、実際に印象の悪い店員がいたりするからですね。

イメージが悪いと、信用を得にくくなり、カードローンの評価も悪くなってしまうのです。

カードローンが借りにくい理由

ホステスやパチンコ店員のイメージがつかめたところで、これらの職業ではカードローンが借りにくいと言われる理由を探っていきましょう。

  • イメージが悪いから
  • 勤続年数が短いから

ホステスやパチンコ店員の共通点と言えば、イメージの悪さですね。いずれの職業も高給だけど、怖い、派手といったイメージの悪さがつきまといます。けれど、実際には勤続年数が短いことがネックになっています。

カードローン 審査に落ちる理由
勘違いの理由 イメージが悪いから
本当の理由 勤続年数が短いから

審査に落ちる理由が「勤続年数が短いから」というのは、他の職業でもある理由ですね。

つまり、世間一般で考えている「イメージが悪いから」審査に落ちるのではなく、ホステスやパチンコ店員はひとつのお店に長く勤めることが少なく、勤務先を転々としているからなのです。

そのため、ひとつのお店に長く勤めている方であれば、ホステスやパチンコ店員であってもカードローン審査に通る可能性はあるのです。

知らないと落ちるかも?カードローン審査に通る条件

カードローン会社がお金を貸すかどうかを決めるのは、職業ではなく、継続した返済が可能かどうかになります。つまり、継続安定した収入があるかがポイントになります。これは他の職業の方と変わりませんね。

繰り返しになりますが、ひとつの勤務先に長く勤めていると、ホステスやパチンコ店員であっても他の職業の方と同じように、カードローン審査に通ることができるのです。もちろん、他にも審査に通る条件はありますよ。

  • 一つの職場で安定した収入を得る
  • 総量規制の範囲で借入れ
  • 在籍確認の対策を行う

一つの職場で安定した収入を得る

カードローンでは、一つの職場で安定した収入を得ることが大切です。

勤続年数や収入の目安はカードローン会社によって異なるため一概には言えませんが、良く言われる目安としては半年以上の勤続年数が必要だと言われています。収入の目安は、借入希望額によって異なりますよ。

総量規制の範囲で借入れ

カードローンには、総量規制という決まりがあります。これは年収の1/3を超える借入れを禁止するものです。例えば年収300万円の方であれば、100万円を超える借入れはできません。

この決まりは、職業に関係なくカードローンを利用したい方全員に該当します。借り過ぎないことが大切ですよ。

在籍確認の対策を行う

カードローンに申し込みをすると、審査の一環として在籍確認があります。在籍確認とは勤務先へ電話連絡して、申込者が本当に勤務しているのか確かめる審査になります。

ホステスの場合では、在籍確認を行う時間帯にお店が開いてないため、電話がつながらないことがあります。電話がつながらなければ、審査に通ることができません。

こういった場合は、カードローン会社に相談してみましょう。

知っておきたい!在籍確認にアリバイ会社は利用してはいけない

先ほど紹介した在籍確認ですが、実はアリバイ会社を利用するという方もいます。けれど、アリバイ会社はニセの情報でカードローン審査に申し込むことになりますので、バレると信用を失うことになります。

そのため、アリバイ会社の利用はおすすめできません。そもそもアリバイ会社を利用すると、勤務先名や勤務先の電話番号・住所等をアリバイ会社にする必要があります。

この時点で嘘の申告となりますので、バレた時には即座に全額返済し、強制退会となるのです。

アリバイ会社を利用するデメリット

アリバイ会社のメリットは、バレなければカードローンの在籍確認をスムーズに行うことができる点にあります。

けれど、デメリットは先ほど紹介した即座に全額返済となり、強制退会となるだけではなく、闇金のターゲットとなる事もあります。

  • 即座に全額返済
  • 強制退会
  • 信用情報機関にブラックとして登録される
  • 闇金のターゲットとなる

信用情報機関にブラックとして登録されてしまうのは、強制退会の情報が載るからですね。

信用情報機関に情報が載ってしまうと、その後のローン審査にも影響を与えてしまいますので、ローン関係の審査には通りにくくなってしまいます。

闇金のターゲットとなるのは、アリバイ会社の一部は「名簿屋」となっているからですね。集まってきた顧客リストを闇金に流しているのです。

アリバイ会社を利用すると、一時のメリットはありますが、利用後のデメリットが多いため利用しないに限るのです。

ホステスやパチンコ店員でもカードローンは利用できる

ここまで見てきて分かるように、ホステスやパチンコ店員でも、同じ勤務先に半年以上続けて勤務していればカードローンに申し込むことはできるのです。カードローン会社では利用条件を以下のようにしています。

  • 年利制限
  • 安定継続した収入がある方
年齢制限では、下限年齢は20歳以上、上限年齢は60歳代となっているところが多いです。そして、毎月収入があることが条件となっています。

この条件を満たすと、カードローン審査に通る可能性はあるため、職業によって借りられないということは無いのです。

ただし、先々月は給料20万円だったけど、先月は0円、今月は3万円程度といった具合に収入がある月とない月があると、安定した収入と見なすかはカードローン会社次第となりますよ。

「水商売でもOK!」は申込まない

ホステスで審査が不安な時に「水商売でもOK!」という広告を見かけると、ついつい申し込みたくなりますが、実は大々的に「水商売OK!」としているところは闇金の可能性もあります。

  • 水商売OK!
  • 審査不要
  • 誰でも貸します

上記のように明記してあると、審査に通る可能性はありますが闇金となりますので、申し込まないようにしましょう。

できれば知名度の高い大手消費者金融へ申し込みをすると、闇金の可能性がなく安心して借入れができます。

繰り返しになりますが、ホステスやパチンコ店員だからと言って、審査に通らないということはありません。そのため「水商売でもOK!」となっているところに安易に申し込みをせず、まずは自分の状況を確認しましょう。

勤続年数・借入希望額・過去の借入れをチェック

ホステスやパチンコ店員に限らず、カードローン審査に通ろうと思ったら、勤続年数・借入希望額・過去の借入れをチェックしましょう。

勤続年数

既に紹介した通り、勤続年数は半年以上が目安となります。これよりも短ければ、継続して安定した収入があるとは判断するのが難しくなりますよ。

借入希望額

借入希望額は年収に見合った金額にしましょう。目安は年収の1/3までですね。この金額以下で申込む必要があります。特に初めての申込みであれば、必要最小金額での申込みが審査に通りやすくなりますよ。

過去の借入れ

勤続年数が1年以上ある、借入希望額は年収の1/3以下になっている、けれど審査に通らない…そんな時には、過去の借入れに問題がないか思い出してみましょう。

過去に遅滞をしていないか、債務整理をしていないか、これらに心当たりがなければ、携帯電話の支払いを滞納したことがないかなど、クレジットカードの滞納なども思い出してみましょう。

これらに心当たりがあれば、信用情報機関にブラックとして登録されています。この登録が消えるまではカードローン審査に通ることはありませんので、申込みは避けましょう。

けれど、この登録が消えるとホステスやパチンコ店員でもカードローンに申し込めますので、正直に入力して申込みをしましょう。

閉じる
閉じる