おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

高い金利カードは慎重に!最低金利を選ぶことはカードローンの基本

初めてカードローンを利用しようと思たら、「金利に幅がある」と気になった方は多いですよね。

消費者金融や銀行カードローン等、カードローンは多数ありますが、ほとんどの金融機関では○%~○%と言った具合に、幅があります。

金利に幅があるため、どっちの金利を見たら良いのか迷ったことはありませんか?そこで、ここでは基本的な金利について説明し、金利の幅は何なのか、金利の相場はいくらなのか見ていきましょう。

そして、支払う利息を減らす方法について紹介していきますよ。

金利とはカードローンに欠かせないもの!その理由は?

カードローンには金利はつきものです。なぜなら金利があるから、金融機関の経営が成り立つからですね。

特に、銀行のような預金の受け入れや債券発行等によって資金を調達していない貸金業者では、金利による収入が無ければ経営が出来ないのです。

それでは、言われるままに利息を払わなければならないのかと言えば、そんなことはありません。そこで重要になるのが知識なのです。

賢くキャッシングをしたいなら、金利や利息に付いて知識を入れておく必要がありますよ。

金利とは

金利がカードローンに必要な理由について述べましたが、一体金利とは何なのかと言えば、レンタル料のようなものになります。

お金を借りたら、返済するまでの使用料として利息を払うのです。

キャッシング、カードローンの広告やホームページには必ず金利が載っていますし、貸金業法では金利を明らかにすることを明記しています。

金利の表示は「%」

金利の表示は「年○%」で表されています。例えば金利年18%で10万円借りた場合は、10万円×18%(0.18)=18,000円が利息となります。

金利は年率となっていますので、この18,000円は一年間で支払う利息となりますよ。カードローンの利息は日割り計算となっているところが多いため、この18,000円を365日でわって、一日の利息は約50円となりますね。

後で詳しく述べますが、この金利は日割り計算というところが、支払う利息を減らす方法となりますよ。

高い金利カードもある?金利の幅は何のため?

最初に金利には幅があることを説明しました。高い金利カードもあれば低いものもあり、この幅は何のためなのか気になりますよね。具体的に三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で見ていきましょう。

バンクイックの金利

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と幅のある表示になっていますが、実は以下のように細かく決められていますよ。

利用限度額 金利
500万円以下400万円超 年1.8%~年6.1%
400万円以下300万円超 年6.1%~年7.6%
300万円以下200万円超 年7.6%~年10.6%
200万円以下100万円超 年10.6%~年13.6%
100万円以下10万円以上 年13.6%~年14.6%

表を見ると分かるように、利用限度額が高くなれば金利は低くなるのです。

けれど、その中にも金利の幅がありますね。この幅は、信用関係の有無が関係してきます。

カードローンは、個人の信用をもとにお金を貸しますので、金融機関との信用関係が重要なのです。

既に三菱東京UFJ銀行と取り引きがあり、信用関係がある場合は低い方の金利で借りられる可能性があるのです。

例えば、利用限度額が50万円で三菱東京UFJ銀行を初めて利用する場合では、金利年14.6%となります。

けれど、同じ50万円を三菱東京UFJ銀行で借入れする場合でも、給与振込みやクレジットカードの引落し等で銀行と信用関係が築けていると、年13.6%で借りられる可能性もあるのです。

また現在は信用関係がない場合であっても、借入・返済等の利用実績を築いていくと、信用関係を築くことができ、金利の引き下げへつながっていきますよ。

最低金利や最高金利はどこも同じ?気になる金利の相場

先ほど三菱東京UFJ銀行の金利について見てきましたが、カードローンの金利は各金融機関によって異なります。

金融機関 金利
アコム 年3.0%~18.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
セントラル 年4.8%~18.0%
フクホー 年7.30%~20.00%
三井住友銀行 年4.0%~14.5%
みずほ銀行 年3.0%~14.0%

上記を見ると分かるように、いずれの金融機関も幅を持った金利で、最低金利・最高金利が決められており、最低金利や最高金利は各金融機関によって違うのです。そこで、金融機関別に相場を見ていきましょう。

大手消費者金融の金利相場

上記の表では、大手消費者金融はアコム・プロミスがあります。消費者金融では、利息制限法がありますので金利の最大金利は決められています。

融資額 最大金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

上記の最大金利を超えた金利は違法となりますので、大手消費者金融の場合では最大金利は年18.0%付近に設定しているところが多いです。

もちろん融資額が100万円以上となった場合は、金利年15.0%が最大金利となりますよ。

中小消費者金融の金利相場

中小消費者金融はセントラルやフクホーが紹介してありますね。フクホーのように中小消費者金融では、融資額が10万円未満の時には年20.0%とするところもあります。

けれど大手消費者金融と同じように、利息制限法を守らなければならないため、10万円以上100万円未満の融資で年18.0%、100万円以上の融資には年15.0%が適用となりますよ。

銀行カードローンの金利相場

銀行カードローンでは、消費者金融よりも低い金利が設定されています。最大金利は年14.6%までとなっているところが多く、消費者金融と比べると年3.0%程度低い金利となります。

そのため50万円を相場の中でも最低金利で借入れしたいと思ったら、銀行カードローンをチェックすると良いですよ。

少しでも負担を軽くしたい!支払う利息を減らす方法

金利はレンタル料ですので、少しでも返済の負担を軽くしたいと思ったら、最低金利のところを選ぶと良いのです。

また、カードローンの金利は日割り計算となっていますので、借入期間を短くすると金利も少なく済みます。

  • 低金利を利用
  • 借入期間を短くする

低金利を利用する

既に、利息は「融資額×金利」で求めることができることを説明しましたね。

つまり、50万円を借りようと思った時にそれぞれの金融機関の相場で比べると、消費者金融では50万円×18%=90,000円、銀行カードローンでは50万円×14.6%=73,000円となるのです。

年間17,000円も差が出てきますので、支払う利息を減らそうと思ったら低金利が良いですね。

借入期間を短くする

既に、金利は日割り計算であることを紹介しました。つまり繰り上げ返済等を利用して、早めに完済することができると、支払う予定だった利息は払わなくて済むのです。

例えば、10万円を12ヶ月で返済しようと思ったら、消費者金融であれば10万円×18%=18,000円で年間18000円の利息がかかり、支払総額は118,000円となります。

けれど、繰り上げ返済を利用して半年間で完済できると、利息は半分の9,000円で済み、支払総額も109,000円となるのです。

借入期間を短くすることでも、返済総額を減らすことができますよ。

高い金利カードだけど、選ぶ価値があるケース

ここまで読んで、高い金利カードは避けた方がお得に借りられることが分かりましたね。

けれど、カードローンにはそれぞれ特徴があり、金利は高めだけれど利便性が良かったり、使い勝手が良かったりということもあります。

そのため全体的なメリットを見てから、金利は高めだけどこのカードが自分にピッタリだという場合は、そのカードを選ぶ価値がありますよ。そんな時には、短期間の返済を目指して利息の負担の軽減を目指しましょう。

閉じる
閉じる