おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

株式投資やFX目的はやめておこう!カードローンの正しい使い方

カードローンを利用する理由は「趣味・娯楽」「生活費」など様々ですが、カードローン会社でもカードローンの利用目的は自由としていますので、この使い方は正しいのです。

「必要な時にお金を借りて、返済日に返済する」この流れを繰り返すことで、急な出費にも慌てず対応することができるのです。

それでは、株式投資やFX目的にも利用して良いのか?ここではカードローンは株式投資やFX目的には利用しない方が良い理由やどんな時にカードローンを利用するべきかを紹介していきますよ。

そもそも株式投資やFX目的でカードローンは利用できるのか?

そもそも株式投資やFX目的でカードローンの利用ができるのかと言えば、「できる」のです。何故なら、先ほど紹介した通りカードローンの利用目的は自由だからですね。

利用目的が自由であるなら、株式投資やFXに使っても問題はないのです。

消費者金融に投資目的でも使用可能なのかを確認すると、以下の返答になっています。

消費者金融 回答
アコム 資金使途は自由になっています
ノーローン 利用目的は自由でございます

繰り返しになりますが、どちらの消費者金融でも使いみちは自由となっていますので、カードローンで借入れしたお金を株式投資やFXに利用しても問題はないのです。

カードローンで借入れしたお金を株式投資やFXに使うかどうかは、利用する方に任せられていますよ。

投資目的には対応していないカードローンもある

先ほど紹介したアコムやノーローンでは、利用目的は自由で投資目的でも利用できることが分かりました。けれど、中には投資目的には対応していないカードローンもあります。

カードローン 利用目的
プロミス 生計費に限る
千葉興業銀行 自由(ただし、事業性資金、投機性資金、旧債務返済金は除く)

プロミスでは「生計費に限る」となっていますので、生活を維持するために必要な費用にだけ使うことができます。

また、千葉興業銀行では投機性資金は除くとなっていますので、株式や為替、債券などの短期的な価格変動に着目して、稼ぐことを目的とした資金には使うことができないのです。

株式投資やFX目的の借入れは止めた方がいい理由

それでは、なぜ株式投資やFX目的の借入れは止めた方がいいのかを見ていきましょう。

返済不可能になる可能性がある

株式投資やFX目的の借入れでは、返済不可能になってしまう可能性があるのです。投資やFXでは、儲かる事もありますが反対に損をする事もあります。

万一、損をしてしまった場合には返済の目途が立たなくなってしまいます。そして、基本的には株式投資やFX目的で借入れをした場合は、自己破産ができないのです。

株式投資やFX目的の借入れは免責不許可事由にあたる

なぜ株式投資やFX目的での借入れは、自己破産できないのかと言えば、免責不許可事由にあたるのです。自己破産は裁判所から免責が認められなければ、行うことができないのです。

破産法では「浪費または賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、または過大な債務を負担した事」は免責不許可事由に該当します。そして、株式投資やFXはこの文章に該当するのです。

ここもチェック!自己破産には裁量免責もある

けれど、株式投資やFX目的でお金を借りてしまった場合は、絶対に免責が認められないとは言い切れないのです。

それは、自己破産には裁量免責もあるからです。

この裁量免責とは、免責不許可事由があるときでも、破産手続きが開始になった経緯やその他の事情を考慮して、免責を認めることが相当であると認められれば、裁量で免責を認めることができるというものです。

具体的には以下の事由が該当します。

  • 免責不許可事由に該当する行為の動機、原因、その後の状況
  • 免責不許可事由に該当する行為の態様
  • 免責不許可事由の行為時の破産者の主観的状況
  • 弁済努力の有無
  • 債権者の信用調査の有無
  • 破産者の更生の意欲
  • 債権者の意見

上記を調べることによって、場合によっては免責不許可事由に該当する場合でも免責許可が出ることがあるのです。

つまり、基本的には株式投資やFX目的で借入れしたお金は自己破産できませんが、借入者の状況によっては免責許可が出るのです。

ただし、この免責許可を出すには債務問題に強い弁護士の協力が不可欠になります。破産者の更生の意欲等を伝えるには、それなりのテクニックが必要なのです。

そのため、投資目的やFX目的で抱えた借金を自己破産で解決しようと思ったら、弁護士に正直に相談して解決する必要がありますよ。

これが大事!投資は借金せずに行うのがポイント

当たるかどうか分からない株式投資は、借金せずに行うのがポイントです。カードローン等で借入れせずに投資をした場合は、損した時でも「返済どうしよう」と困ることがありません。

しかも当たった場合は、返済に回す必要がありませんので全額自由に使うことができます。借金で儲けようと思わずに、コツコツ貯めたお金で儲けようとするのが堅実な方法なのです。

生活費をつぎ込んで、借金までして投資を行うというのは止めた方が良いのです。

カードローンは本当に必要な時に必要な金額を借りるのが鉄則

ここまで見てきて、株式投資やFX目的でもカードローンで利用できることが分かりましたね。けれど、利用してしまうと損した時に困るのです。

株式投資やFX目的でもカードローン可能

損をした時に返済が不可能になる

株式投資やFX目的の借金は免責不可自由に該当

自己破産が難しい

株式投資やFX目的のカードローン利用はやめた方がいい

上記のように考えると、株式投資やFX目的でカードローンを利用するのは止めた方がいいことが分かりますね。

カードローンは必要な時に必要な金額で借りるのがおススメです。例えば生活費や交際費等、小額の借入がいいですね。

  • 給料日前の生活費を補てん
  • 急な会社の飲み会
  • 公共料金の支払い

上記のように小額を借入れして、給料等ですぐに返済できる場合に利用するのが安心です。

カードローンは本当に必要な時に、必要な金額だけを借入れするのが正しい使い方となりますよ。

閉じる
閉じる