おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

本人確認なし?審査の緩いカードローンに気をつけよう!

カードローンは審査に通らなければ利用できません。いくらお金が必要で、お金を借りたいと思っていても、審査に通ることができなければ利用できないのです。

「審査が無ければ…」「もっと審査の緩いカードローンがあれば…」なんて思ったこと、ありますよね。

そんな時に「本人確認なし」「在籍確認なし」「審査なし」といった甘い言葉を見かけると、ついつい惹かれてしまいます。けれど審査の緩いカードローンには、気をつけなければならないことがたくさんありますよ。

ここでは、審査の緩いカードローンに隠れているヒミツやカードローンの審査の意味などを説明していきますよ。甘い言葉には引っかからないようにしましょう。

審査なし・審査の緩いカードローンは危険!

審査なし・審査の緩いカードローンと聞くと、ついつい気になりますよね。特に何社もカードローン審査に落ちた後だったり、ブラックで申込みに不安があったりする時には、尚更気になります。

けれど、審査なし・審査の緩いカードローンと明記しているところは、闇金であることを疑いましょう。

  • 社名が無い
  • 連絡先は携帯電話だけ
  • 融資額の表示がない
  • 金利の表示がない
  • 登録番号の表示がない

上記の内の一つでも該当すると、その広告を出している融資先は闇金です。正規の貸金業者では貸付の条件について広告をする時には、以下の内容を表示することが貸金業法で決められていますよ。

  • 貸金業者の商号、名称または氏名及び登録番号
  • 貸付けの利率

つまり、金利や登録番号の表示が無かったり、社名が無く誰でも簡単に借入できすことが書いてあったりする時は、違法業者すなわち闇金なのです。

闇金では、審査をしていない代わりに、一般的な貸金業者では考えられないほどの利息を要求します。「トイチ(10日で1割)」や「トゴ(10日で5割)」が有名ですね。こういった闇金には近づかないようにしましょう。

意外に知らない!カードローン審査には意味がある

審査に不安がある場合は、カードローン審査の緩いところや審査なしのところを探してしまいますが、カードローン審査には意味があります。

もし、あなたが友達から「お金を貸して」と頼まれたら、人柄で判断できますよね。これまでの付き合いから、お金を貸したら返してもらえるかどうかの判断ができます。

けれど初めて申し込むカードローン会社では、これまでの付き合いからお金を返してもらえるのかといった判断ができません。そこで審査をするのです。

  • 本人・家族の情報
  • 住居情報
  • 勤務先情報
  • 個人信用情報
  • 提出書類

上記の内容から、お金を返せる能力がある人か、信用できる人かを判断しますよ。

そのため、カードローン審査は必ずあります。

よく見かける話題の中に、「カードローン審査の緩いところ」という話しがありますが、審査が緩いところには気をつける必要があります。

審査基準は各カードローン会社によって異なる

審査基準は、各カードローン会社が決めています。そのため、A社では審査に通ったけれど、B社では通らなかったという人もいれば、その逆の人もいます。

これは、審査基準が異なるからであり、決して審査が緩い訳ではないのです。各カードローン会社で重視しているところが違うということですね。

甘い言葉で審査が緩いところに注意!

けれど、中には「失業中の方」「他店で断られた方」「必ず貸します」といった表示をしているところがあります。こういった甘い言葉で誘ってくるところには注意が必要です。

貸金業法では、「失業中の方」や「他店で断られた方」など、返済能力がない者を対象として勧誘する表示を禁止しています。

また「必ず貸します」と言った、借入れが簡単であることを過度に強調して借り入れ意欲をそそる表示も禁止しています。

つまり審査が緩いことを強調して、お金が必要な方の借り入れ意欲をそそっている貸金業者は違法業者となります。

カードローン審査で本人確認なしはあり得ない

先ほど紹介した審査内容に、提出書類がありましたね。提出書類には「本人確認書類」と「収入証明書類」があります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類とは

本人確認書類には、以下が該当します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

上記は主なものとなりますので、詳しくは借入先の本人確認書類をチェックしましょう。

収入証明書類とは

収入証明書類には、以下が該当します。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

貸金業法では50万円を超える借入れを希望する場合や、他社と合わせて100万円を超える借入れの場合に、収入証明書類の提出が義務付けられています。

また、カードローン会社が必要だと思った時にも収入証明書類の提出を求めますので、小額の借入希望だから関係ないと思わずに、用意しておくと安心ですね。

本人確認なしはあり得ない

本人確認は審査の一環となります。そのため、本人確認なしというカードローンはあり得ません。本人確認には以下の2つの手段を取っています。

  • 本人確認書類との一致
  • 電話による確認

申込書に書かれている情報が申込者本人のものである確認は、非常に重要なことです。そこで運転免許証などの本人確認書類で、申込書の内容は申込者本人のものであることをチェックするのです。

中には、申込者本人に申込み内容の確認として電話をかけるところもあるくらい、申込者本人が申込みをしていることは大切なのです。

諦めも肝心!審査の緩いところに申し込む前にチェック

「審査の緩いカードローン」と聞くと、お金が借りられなくて困っている人にとっては、すぐに申込たくなるほど魅力的なカードローン会社ですよね。けれど、その前に以下をチェックしましょう。

  • 貸金業者の商号、名称、登録番号の表示はあるか
  • 貸付けの利率は利息制限法の範囲内か
  • 固定電話の表示があるか

上記は、申込者がカードローン会社を選ぶ時の、闇金との見極め方ですね。闇金と関わってしまうと、利息がドンドン膨らんで元金がなかなか減らず苦労しますよ。

そして、申し込みをする方も自分自身をチェックしましょう。

  • 過去の借入れは完済しているのか
  • 年収に合った借入希望額か
  • 収支のあった生活をしているのか
  • 返済の見通しは立っているのか

カードローンを利用する時には、返済計画が大切です。返済の見通しが立たない間は、新たな借り入れは行わないことが一番です。

既に他社から多数の借入れがある、過去の借入れを放置している、こういった状況では新たな借り入れはできません。新たな借り入れをすると、自転車操業となってしまい返済に追われることになるからです。

まずは、過去の借入れを整理して収支のあった生活を心がけることから始めましょう。

借りないという選択肢

お金が必要だけど、借りられない…そんな時は、焦って借りられるところを探してしまいがちですが、思い切って借りないという選択肢も持ちましょう。

審査の緩いところや審査のないところで借りてしまうと、借りれた時は良くても、その後の返済がますます大変になってしまいます。

借金が膨らみ過ぎて困っている時には、新たな返済よりも思い切って弁護士や司法書士へ相談することが大切ですよ。

閉じる
閉じる