おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

実は間違っているかも?低金利なカードローンの選び方

カードローンを選ぶ時に低金利なところさえ選んでおけば大丈夫だと思っていませんか?

確かに低金利なカードローン商品を選ぶことは大切です。けれど選び方を失敗してしまうと、低金利なところを選んだ意味が無くなってしまいます。

ここでは、低金利なカードローン商品の選び方として金利の見方に注目し、金利以外にも返済額をチェックしておく必要があることを紹介していきます。

繰り上げ返済などを利用して早めに完済すると、低金利を選んだメリットが生きてきますよ。

意外に知らない!カードローンの金利の見方

カードローンを選ぶ時には、金利が大事!中でも低金利であることが重要ですよね。けれど、正確な金利の見方を知っていますか?

カードローン 金利
アコム 年3.0%~18.0%
三井住友銀行 年4.0%~14.5%
イオン銀行 年3.8%~13.8%

上記の表を見て、金利が低いところはどこだと思いますか?下限金利に注目すると、金利が一番低いところはアコムの年3.0%となりますが、上限金利に注目すると金利が一番低いところはオン銀行となります。

金利には上限金利と下限金利があり、利用限度額によって細かく設定されていますので、金利を見る時には、まず借入希望額を決めてからチェックする必要がありますよ。

利用限度額30万円で低金利のカードローンを探す方法

ここまでで金利を見る時には、借入希望額を決めてからチェックする必要があることが分かったところで、具体的に利用限度額30万円で低金利のカードローンを探す方法を見ていきましょう。

利用限度額30万円の金利

利用限度額30万円で、先に紹介したカードローンの金利を見ていきましょう。

カードローン 金利
アコム 年18.0%
三井住友銀行 年12.0%~14.5%
イオン銀行 年11.80%~13.80%

上記の表を見ると、利用限度額30万円ではイオン銀行カードローンが低金利だという事が分かります。銀行カードローンでは、利用限度額ごとに分けても金利の幅がありますが、これは信用の有無によって決まってきます。

既に預金や給料振込み等で取引があり、信用関係が築けている場合は、低い方の金利でカードローンを利用することができるのです。

利用限度額150万円の金利

利用限度額150万円では、低金利のところに変化はあるのか見ていきましょう。

カードローン 金利
アコム 年15.0%
三井住友銀行 年10.0%~12.0%
イオン銀行 年8.80%~13.80%

一番低い金利はイオン銀行の年8.8%ですが、まだ信用がない状況であれば、高い方の金利である年13.8%が該当しますので、三井住友銀行の年12.0%の方が低金利となりますね。

まずは、借入希望額に対する金利をチェックし、金利に幅がある場合はその金融機関と取引等で信用関係があるかどうかで金利が変わってきますよ。

返済総額を減らすのは低金利だけではない!返済額にも注目

ここまで低金利について紹介してきましたが、低金利を選ぶ目的は返済総額が少なくなるからですね。単純に計算すると例えば10万円借入した場合でも、金利が3%違うだけで返済総額は年間3,000円異なります。

たかだか3,000円と思うかもしれませんが、5年かけて返済すると総額15,000円になりますし、借入額が50万円の場合では1年間で15,000円の差になります。

返済総額を減らすには低金利が一番だと思いますが、返済総額を減らすには低金利だけに頼っていては駄目なのです。

毎月の返済額も注目対象となりますよ。

月々の返済額が少なければ返済総額が増える

注目対象となるのが、月々の返済額です。借入希望額30万円、返済回数46回の場合の月々の返済額を見ていきましょう。

カードローン 金利 毎月の返済額 返済総額
アコム 年18.0% 9,075円 417,443円
三井住友銀行 年14.5% 8,539円 392,799円

返済シミュレーションを利用すると上記になっています。金利の差が年3.5%、毎月の返済額はアコムが536円多く、返済総額の差もアコムが24,644円多くなっています。

ところが毎月の返済総額をもう少し増やし、月々10,845円にすると、返済総額が390,431円となりアコムの方が2,368円少なくなるのです。

つまり金利が少々高くても、毎月の返済額が多くすると返済総額を減らすことができるのです。

低金利のところで繰り上げ返済!返済総額を少なくする方法

返済総額を少なくするには、毎月の返済額を多くすることがポイントになりますね。けれど、実際には約定返済額が決まっており、返済シミュレーション通りに返済できるとは限らないのです。

借入残高30万円では、以下の返済額となっています。

カードローン 返済方法 約定返済額
アコム 店頭窓口・ATM、提携ATM、インターネット 借入金額の4.2%以上
三井住友銀行 ATM、振込、口座振替 6,000円

アコムでは、借入金額の4.2%以上となっていますので、借入残高30万円では12,600円となります。

アコムは三井住友銀行カードローンよりも毎月の返済は高くなってしまいますが、その分低金利な三井住友銀行カードローンよりも少ない返済総額で完済となりますよ。

一方、三井住友銀行カードローンでは返済シミュレーションで計算した返済額(8,539円)よりも少ない返済額となりますので、計画よりも返済総額が高くなってしまいます。

そんな時に便利なのが繰り上げ返済ですね。

繰り上げ返済で早めに完済

三井住友銀行の場合は、月々の返済額が少なく感じ、まだまだ返済できるのであれば、ATM、振込、インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングで臨時返済ができます。

いくらからでも臨時返済可能となっていますので、毎月こまめに繰り上げ返済していると、返済総額を抑えることができますよ。

もちろん、ボーナス等のまとまった金額を繰り上げ返済に充ててもOKですので、月々は約定返済額のみで、定期的に繰り上げ返済する方法もありますね。

低金利と返済額がポイント

ここまで読むと、返済総額を減らすには低金利で借りることだけが重要ではないことが分かりましたね。

いくら低金利で借入れをしても、毎月の返済額が少なければ返済総額が多くなってしまうこともありますし、高金利で借入れをしても、毎月の返済額を多くすれば返済総額は少なくなるのです。

返済総額を減らす方法は以下になります。

  • 低金利で選ぶ
  • 高金利なら毎月の返済額を増やす
  • 繰り上げ返済を利用する

同じ返済額で考えるなら、低金利で借りた方が返済総額は少なくなりますね。

そんな時には、ボーナス等のまとまったお金は返済に回し、返済期間を短くして借入れをすると、返済総額をより減らすことができます。

低金利でカードローン商品を選ぶことも重要ですが、低金利だけではなく返済額にも注目するとお得ですよ。

閉じる
閉じる