おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

月々の返済額は安い方がいい?カードローンの上手な返済方法

家賃、光熱費、食費、交際費など、毎月何かとお金はかかりますね。ちょっとお金が足りない時には、カードローンを利用して何とか給料日まで迎えることができた…という生活になっていませんか?

それなら返済する時には無理なく返済できる方が良いですね。普段からカツカツの生活であれば、返済に回すお金も小額の方がラクになります。

無理なく返済するには、月々の返済額を少なくすると良いのです。だけど、ただ単に少なくしたのではなかなか完済しませんよね。ここでは、上手に返済するにはどうしたら良いのか見ていきましょう。

月々の返済額は安い方がいい!最低返済額はいくら?

お金を借りるときに「毎月いくら返していけばいいのだろう?」「どこで借りても一緒なのかな?」と疑問に思ったことはありませんか?

各カードローン会社には最低返済額が決められています。そのため、どこで借りても返済額は同じということはないのです。月々の返済額は安い方がいいと思っているなら、事前に最低返済額を調べておきましょう。

10万円借りた時の最低返済額

それでは、10万円借りた時の最低返済額を比べてみましょう。

カードローン 最低返済額
アコム 3,000円
アイフル 4,000円
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 2,000円
三井住友銀行カードローン 2,000円

上記のように、同じ金額を借りても返済額は各カードローンによって異なりますので、借入先を考える時には返済のことまで考えてから申し込みましょう。

返済期間や返済総額に注意!返済額が安いカードローン

返済額が安いカードローンでは、月々の返済はラクになりますが、返済期間や返済総額に気をつける必要があります。

返済期間が長くなればなるほど、日割り計算で計算される利息は多く払うコトになります。利息を多く払うということは、返済総額が高くなってしまうのです。

10万円借りた時の返済期間と返済総額

先ほど紹介したカードローンの場合の返済期間と返済総額を見てみましょう。

カードローン 金利 返済期間 返済総額
アコム 年18.0% 47回 139,639円
アイフル 年18.0% 32回 126,260円
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 年14.6% 77回 154,952円
三井住友銀行カードローン 年14.5% 78回 154,259円

金利は銀行カードローンの方が低いのに、返済総額は消費者金融の方が安くなっていますね。

これで返済期間が長くなればなるほど、返済総額が高くなることが分かります。

いくら低い金利の所で借入れをしても、月々の返済額が少なく返済期間が長くなっていると、返済総額は高くなるのです。

つまり返済額が安いカードローンを選べば、それでお得に借りられる訳ではないのです。上手に返済するには、最低返済額+αのコツがあるのです。

最低返済額は安いほうがカードローンの返済に融通が利く

最低返済額は安い方が月々の負担が軽く済み、安心して返済することができます。けれど、返済額が安いだけでは返済期間が長くなってしまい、返済総額が高くついてしまうのです。

そこで、どうすれば良いのかと言えば、随時返済を行いましょう。

随時返済(任意返済)

たいていのカードローンでは、月々の返済額と随時返済(任意返済)の2通りの返済方法があります。

この返済方法を上手に利用することで、返済期間を短縮させることができるのです。随時返済では、任意の金額を返済させることができます。

任意の金額と聞いて、難しく考える必要はありません。1,000円でも2,000円でもいいのです。都合のつく金額でOKですよ。

この時にATMを利用して随時返済をする場合は、ATM手数料を差し引いて考える必要がありますね。ATM手数料も何度も繰り返し払うと大金となってしまいます。

手数料が必要な場合は、ある程度金額が貯まってから返済する方がお得ですね。

最低返済額+随時返済

つまり、月々の返済額は最低返済額に設定しておいて、都合のつく時に多めに返済するのです。

例えば、三菱東京UFJ銀行「バンクイック」や三井住友銀行カードローンのように月々は2,000円の返済にしておいて、ボーナス月や余裕のある月に1,000円や10,000円など多めに返済するのです。

そうして、年間の返済額はアイフルと同程度(月4,000円×12回=48,000円)にしておくと、返済期間が長くなったり、返済総額が高くなったりすることがないのです。

具体的に言えば、バンクイックでは月2,000円の返済額×12回=24,000円が最低返済額となりますので、残り24,000円をボーナスや余裕のある月の返済でカバーすると良いのです。

カードローン 月々の返済額 随時返済 年間の返済総額
アイフル 4,000円 48,000円
バンクイック 2,000円 24,000円 48,000円

バンクイックでアイフルと同じように年間48,000円の返済ができると、返済期間30回、返済総額119,929円となりますので、アイフルよりも金利が低い分、お得に借りることができますね。

もちろん、アイフルでも随時返済は可能ですので、月々の最低返済額以上を返済すると、早めの完済が可能になり、利息を少なくすることができ、返済総額が少なくなりますよ。

事前に最低返済額を知り、返済のイメージを付けよう!

カードローンの借入額を上手に返済していくには、返済のイメージを付ける事が大切です。

まずは月々の収入と支出から、いくらなら無理なく返済できるのか計算しましょう。

ボーナス払いの設定はない!

カードローンでは、クレジットカードの支払や住宅ローンの返済のようにボーナス払いの設定はありません。月々の返済額は決まっているのです。

そのため随時返済をしようと思ったら、自分で行動を起こす必要があるのです。毎月の返済+随時返済をイメージして返済するのであれば、返済のATM手数料が0円のところを選ぶと良いですね。

ちなみに先ほど紹介した金融機関では、手数料は以下になっていますよ。

カードローン 提携ATM手数料
アコム 所定の手数料が必要
アイフル 所定の手数料が必要
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 無料
三井住友銀行カードローン 無料

提携ATMでは手数料が必要としているアコムやアイフルでは、自社ATMであれば手数料無料で返済ができます。近くに自社ATMがある場合は、気にせず細目に返済ができますね。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や三井住友銀行カードローンであれば自社ATMに限らず、コンビニ等の提携ATMでも手数料無料で利用できますので、細目に返済ができますよ。

月々の返済は安く!余裕のある月に多めに返済

繰り返しにもなりますが、月々の返済額は安くしておいた方が気楽に長く返済することができるのです。無理な返済計画を立ててしまうと、返済を続けていくうちに行き詰ってしまいますよ。

そこで月々の返済額は安いところを選び、ボーナス月や余裕のある月に多めに返済することが上手に返済していくポイントとなるのです。

申込み前には返済するイメージを持ち、どんな計画で返済していくのか、月々いくらなら無理なく返済できるのか、年間いくらの返済を目標とするのか、しっかり考えてから借入れをしましょう。

閉じる
閉じる