おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

他社返済目的なら借入は止めよう!カードローンで気をつけたいこと

複数社からお金を借り過ぎてしまった…あまり考えたくはないけれど、カードローンを利用している限り、誰にでも起こり得ることですね。

「日々の生活費が足りなくて、毎月ちょこちょこ借りていたらいつの間にか返済額が大金になっていた」など、毎回小額の借入であっても、繰り返すことで借入額が膨らんでしまうのです。

複数社から借り入れしていると、借入総額に気づかないことも多いのです。そんな時に、どうやって対処しますか?

「おまとめローンに申込む」「他社から借入れして返済」「債務整理」などがありますが、どの方法が良いのかを紹介していきますよ。

他社借入れがあっても総量規制以内なら借入可能

そもそもカードローンは他社借入れがあっても総量規制以内であれば、借入が可能なのです。そのため複数社から借入れしている方も多いですよね。

総量規制とは

総量規制とは、申込む本人の年収の3分の1を超える借入を規制する貸金業法上の融資制限となります。つまり1社で年収の3分の1まで借入れしている場合は、他社から借入れすることはできません。

けれど1社で年収の3分の1まで借入れしていない場合は、他社に申込みをすると年収の3分の1に達する残りの金額まで借入れできるのです。

年収 A社の契約額 B社の契約額 C社の契約額
300万円 100万円 申込不可 申込不可
300万円 70万円 30万円 申込不可
300万円 50万円 30万円 20万円

上記のように年収300万円の方であれば、年収の3分の1となる100万円まで借入可能となるのです。

借入件数も重視

総量規制内であれば、新たな申込みをした時に審査に通る可能性はあります。けれど、審査では借入れ件数も重要になります。

借入件数が4社以上の方は「お金にだらしない人」「返済能力が低い人」と判断されるため、審査に通るのが難しくなります。

また、すでに4社から借入れしている場合は、一般的には多重債務となります。

借入先を増やしても返済が大変になるだけなので、新たな借入れは考えずにローンの返済に専念するか、おまとめローンを利用するか、債務整理を行うなど借金と向き合う必要がありますよ。

  • ローンの返済に専念する
  • おまとめローンを利用
  • 債務整理など専門家に相談

他社返済目的なら、新たなカードローンの申込みは避ける

先ほど述べた通り、他社返済目的で新たなカードローンに申込みをしようと思っているのなら、止めた方が良いのです。

他社返済目的でお金を借りてしまうと、自転車操業になってしまい、利息だけがどんどん膨らんでしまうからですね。

例えば、A社から5万円借りてB社へ返済すると、今度はB社へ返済するために更にC社からお金を借りる必要が出てきます。これでは借入額が減るどころか、利息分返済額が増えてしまい解決しないのです。

返済ができない時はカードローン会社へ相談

それでは、返済ができない時にはどうしたら良いのか。これは、カードローン会社に相談しましょう。いくらまでなら返済できるのか、いつなら返済できるのか、聞かれそうな答えを用意しておくと安心ですね。

  • いくらまでなら返済できるのか
  • いつなら返済できるのか

カードローン会社の中には、返済額の中の利息分だけの支払いさえすれば、遅延損害金を払わなくてもOKとするところもありますので、まずは返済ができないと分かった時点で相談してみましょう。

無断で滞納していると、遅延損害金を請求されたり、新たな借り入れができなくなったり、督促状が届いたり、信用情報機関にブラック情報として載ったりしますよ。

ローンの返済に専念する

ここまでを見て分かるように、既に借金でお金の工面が大変な時には、安易に他社のカードローンに申込むのではなく、返済に専念しましょう。

複数の借入れがあって、完済できそうな借入れがあるのであれば、まずはそこを完済し、借入件数を減らしていくと借入総額も分かりやすくなり、返済しやすくなりますね。

おまとめローンを利用して、返済をラクにする方法

既に借金が複数ある場合は、おまとめローンを利用する方法もあります。ただし、おまとめローンをすることによって返済総額が増えてしまうこともありますので、しっかり選ぶ必要がありますよ。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンを選ぶ時には、以下のデメリットに当てはまらないように注意が必要ですよ。

  • 返済期間が延びる
  • 借入総額が増える

おまとめローンでは、月々の返済額が少なくなることがあり、そのせいで返済期間が延びてしまうこともあります。

返済期間が延びるという事は、支払う利息も増えてしまうため、結果的には借入総額が増えることに繋がるのです。

毎月の返済額が少なくなって喜ぶのではなく、結果的に返済総額は増えるのか、減るのかといったところにも注目して、月々返済可能な金額で返済していくことが大切ですね。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットと言えば、以下になります。

  • 金利が下がって返済総額が減る
  • 返済日が月1回になり管理しやすい
  • 信用度が高くなる

借入を1社にまとめることで、高額融資となり金利が低くなります。融資額が高くなればなるほど、金利は低くなっていますよね。

例えば、A社から30万円(年18.0%)、B社から70万円(年18.0%)借りていたのを、C社へまとめると融資額100万円(年15.0%)と金利が下がりますよ。

また返済日が月に1回となりますので、毎月の計算がラクになります。月に何度も返済日があると、そのたびに返済金を用意しなければならないのですが、月に1度で済みますので気持ちもラクになりますね。

そして複数社から小額を借りているよりは、1社から高額を借りている方が、金融機関の印象は良くなり、信用度が高くなります。信用されていなければ、高額の借入れはできないのです。

おまとめローンは総量規制の例外

おまとめローンは、総量規制の例外貸付に該当するため、一時的に年収の3分の1を超える借入が可能になります。

これは多重債務者への救済措置となりますので、多重債務で困っているのであれば、おまとめローンを利用して確実に返済していけるようにしましょう。

おまとめローン後にやってはいけないこと

おまとめローン利用後に「以前は○万円返済できていたのだから、あと○万円ぐらいなら借りても平気かも?」と勘違いする方もいます。

おまとめローンを利用することで、月々の負担が減り返済が楽になりますが、借金が無くなったわけではありません。

それなのに新たな借り入れをしてしまうと、「本当に完済する気はあるのだろうか…?」と金融機関の信用を落としてしまうことに繋がります。

また、新たな借り入れを禁止している金融機関もありますから、注意事項をしっかり読む必要がありますよ。

債務整理など専門家に相談した方が良いケース

転職などで月収が下がってしまった、返済のあてが無くなってしまったなど、どうしても返済できない状況に陥った時には、他社から借入れして返済したり、おまとめローンを考えたりせずに、債務整理を考えましょう。

債務整理の方法

債務整理をした方が良いかも…と思った時には、弁護士や司法書士に相談しましょう。無料で相談できるところもありますので、今の状況をまとめて相談に行きましょう。

債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」などいくつか種類があります。アルバイトやパート等でも多少の収入があれば、返済の見通しが立つため「任意整理」や「民事再生」ができます。

けれど、収入がなく全く返済できる見通しが立たない場合は「自己破産」となりますよ。

他社返済目的のカードローンはNG

ここまで見てきて、他社返済目的で新たな借り入れはしない方が良いことが分かりましたね。繰り返しになりますが、今ある借金の返済が苦しい時の方法は以下になります。

返済に専念して借入件数を減らしていく
↓ムリなら
おまとめローンで1社にまとめる
↓ムリなら
債務整理の相談をする
返済が困難になった時には、上記の流れで解決していくことになります。できるだけ早期に返済困難であることを自覚し、返済に専念することで完済できるようにしていきたいですね。

繰り返しになりますが他社から借入れして返済することはおすすめできません。これを行ってしまうと多重債務になってしまい、結局は自分の首が閉まるだけとなってしまいますよ。

閉じる
閉じる