おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

知っていると安心!年金受給者におすすめなカードローンの選び方

高齢化が進んでる現在では、年金で生活している方がカードローンに申し込むケースも増えてきています。

ただしカードローンの利用条件には、年齢制限もありますので年金受給者がカードローンに申し込みをしようと思ったら、利用条件の年齢チェックも欠かせませんね。

また、年金を安定した収入と見なすところもあれば、見なさないところもありますので、申込み前には年金収入だけで申し込みができるのかも確認する必要があるのです。

ここでは、カードローンの年齢制限や年金収入だけで申し込みができるのかに注目しながら、年金受給者におすすめなカードローンを見ていきますよ。

知っておきたいカードローンの利用条件!年齢制限に注目

カードローンの利用条件には、年齢制限が書かれています。

カードローン 年齢制限
アコム 20歳~69歳までの安定した収入がある方
アイフル 満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 満20歳以上65歳未満の安定した収入がある方
新生銀行「レイク」 満20歳から満70歳までの方

上記のように、カードローンに申し込むには下限年齢から上限年齢まで決められているのです。

そのため、年金でも申し込めるのか注目する前に、年齢制限に注目する必要がありますよ。

三菱東京UFJ銀行カードローンでは、上限年齢が65歳未満となっていますので、年金受給者OKとなっていても、借りられる方は限られてしまいますね。

知っているとお得!年金以外の収入があると借りやすい

年齢制限の条件を満たすことができると、次は年金収入だけでも申し込みができるのかチェックする必要がありますね。

この時に、年金収入以外にも収入がある場合は借入先が広がりますよ。

カードローン 年金での申込みの可否
アコム 年金受給以外に安定した収入がある方
アイフル 年金受給のみの場合は、仕事が決まり次第申込可
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 申込可
新生銀行「レイク」 申込可

上記の通り、アコムやアイフルなどの消費者金融では年金収入のみでの申込みはできません。これは、アコムやアイフルでは年金を安定した収入と見なしていないからですね。

そのため、年金以外の安定した収入が必要となりますよ。アイフルの「仕事が決まり次第」の「仕事」とは、パートやアルバイトで構いません。

最近では定年後の再雇用があったり、アルバイトとして雇ったりする企業も増えていますので、年金を受取りながら働いている場合は借入先の候補が増えますね。

闇金に気をつけよう!

ここまで見てきた通り、消費者金融では年金以外に収入がなければ、お金を借りることは難しいのです。けれど、貸金業者の中に「年金を担保にお金を貸す」という広告を見たことがある方もいますよね。

これは違法業者となります。違法業者とは、闇金のことですね。

年金は法律で認められた場合を除いて、年金を受ける権利を譲渡したり、差し押さえたり、担保にしたりすることを違法としていますよ。

独立行政法人福祉医療機構の年金担保融資はOK

独立行政法人福祉医療機構の年金担保融資は、法律で定められている唯一の年金を担保とした融資制度となります。そのため、この制度以外で年金を担保とした融資は違法ですよ。

広告・勧誘にあたって年金受給者の借り入れ意欲をそそるような表示または説明を行うことも、貸金業法で禁止となっていますので、年金を担保にした借入れは一切できないのです。

知っておきたい!年金収入のみで借入れする方法

既に紹介した通り、年金収入のみで借入れする方法もあるのです。

上記の表を見ると、三菱東京UFJ銀行「バンクイック」や新生銀行「レイク」では年金のみでの申し込みが可能となっています。

ただし先述の通り、バンクイックでは年齢制限が65歳未満ですので、年金収入OKでも利用できる方は限られますね。その点、レイクでは満70歳まで利用可能となっていますので、利用対象者の範囲が広くなりますよ。

新生銀行「レイク」

新生銀行「レイク」では、以下の6つのメリットがあります。

  • 選べる2つの無利息ローン
  • インターネットから24時間申し込み可能
  • 平日14時までの必要書類の確認で即日融資可能
  • 申込み後の画面で審査結果を表示
  • スマホアプリ・ケータイから振込み手続き可能
  • レイクATM・提携ATMの利用手数料0円

思い立った時に場所を選ばず申し込みができ、14時までの必要書類の提出で即日融資も可能となっていますので、急な出費にも安心です。

レイク 詳細
利用限度額 1万円~500万円
金利 年4.5%~18.0%
必要書類 運転免許証等、(収入証明)
担保・保証人 不要

年金収入のみの申込みであっても、他の雇用形態の方と同じように借入れができますよ。ただし、利用限度額は収入に応じた金額となりますので、受給している年金額や返済できる回数等によって決まります。

もちろん、新生銀行カードローン「レイク」以外にも横浜銀行、福岡銀行、足利銀行、筑波銀行、西日本シティ銀行、宮崎銀行、東北銀行、山形銀行等、様々な銀行カードローンで年金受給者の申込みに対応しています。

一方で千葉興業銀行や楽天銀行のように、年金受給者には対応していないところもありますので、銀行カードローンだからと言ってどこでも申し込める訳ではありませんよ。

年金受給者におすすめなカードローンの選び方

ここまで見てきて、年金受給者におすすめなカードローンの選び方が分かりましたね。まずは年齢条件を満たす必要があります。

年齢条件をチェック

年金受給者に対応しているのかチェック
消費者金融では、年金だけでの申込みには対応しておらず、年金以外の収入が必要となっています。

一方で、銀行カードローンでは年金だけでの申込みにも対応しているところが多く、年齢も69歳以下の地方銀行が多数ありますので、年金受給者でも借入れできるところはありますよ。

銀行 年齢制限 年金での申込み
筑波銀行 満20歳以上満65歳未満
東北銀行 満20歳以上満66歳未満
横浜銀行・福岡銀行・西日本シティ銀行 満20歳以上69歳以下
山形銀行・大分銀行 満20歳以上70歳未満
足利銀行・宮崎銀行 満20歳以上75歳未満

地方銀行の場合は、申込める営業エリアが決まっている場合が多いため、年齢制限、年金での申込み以外にも営業エリアのチェックも必要となります。

けれど年金受給だけで借入れを希望する場合には、新生銀行「レイク」や地方銀行のカードローンを候補に挙げるとスムーズにいきますね。

閉じる
閉じる