おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

口コミから判断!評判の悪いカードローンは避けよう

急にお金が必要な時に、カードローンはとっても便利な商品です。カードローン商品を選び、申込をして審査に通るとお金を借りることができるからですね。

けれど、中には評判の悪いカードローン会社も存在します。例えば闇金などの違法業者ですね。こういった所で借りてしまうと、お金を借りることは簡単にできても、完済することが難しいのです。

そこで、事前に口コミや評判を調べてカードローン会社を選ぶことが重要なのです。ここでは評判の悪いカードローンについて、評判の良し悪しの見分け方などを見ていきますよ。

おすすめできない!評判の悪いカードローンとは

一口に「評判が悪い」といっても、人によっては「そう感じなかった」ということもありますよね。

そこで、ここでは評判の悪いカードローンとして、「こんなことが書いてあるカードローン会社からは、借りたらいけない」という所を紹介していきますね。

  • 審査なし
  • 審査が甘い
  • 絶対貸します!
  • 必ず貸します!
  • 今すぐ貸します!
  • 他社で断られた方でもOK!
  • 多重債務者でも歓迎!

上記を見ると、「良いカードローン会社!」と思う方もいますよね。どこが評判が悪いのか分からない方もいることでしょう。けれど、こういった文言が書いてあるカードローン会社は違法業者です。

そして、こういったところの評判は、「最初はスムーズに貸してもらえて良かったんだけど、どんどん借金が増えていって、返済できなくなった」という事が多いのです。

中には「取り立てで、近所の人たちに借金があることがバレてしまって、引越さなければならなくなった」という事もありますので、甘い言葉に惑わされてはダメなのです。

カードローンに審査なしは存在しない

カードローンは申込みをしてきた方を信用して、お金を貸します。けれど初めて知った方を、すぐに信用などできませんよね。そこで、信用するために審査を行うのです。

「どこに勤務していて、返済する能力がある」「過去に遅延や債務整理を行ってなく、返済する意思がある」こういったことが分からなければ、気軽にお金を貸すことなどできないのです。

  • 勤務先
  • 返済能力
  • 過去の遅延・債務整理
  • 返済の意思

上記を知る為の手段が「審査」ですね。

もちろん、申込者が申込名義人本人であると確認するために、本人確認書類も重要となりますよ。

口コミから判断!闇金などの違法業者を見分ける方法

評判の悪いカードローン会社は、申込む時点では評判が良いことが分かりましたね。審査なしですぐにお金を貸してくれるため、お金がすぐに必要な方には助かる商品となります。

けれど、借りた後にどんどん利息が膨らんでいって、返済が困難になり「借りなければ良かった」「他社を検討しておけば良かった」と評判が悪くなるのです。

つまり評判が悪いなどの口コミからも、闇金などの違法業者を見分けることができるのです。その他にも、口コミから判断しようと思ってネットからの情報が少なければ、借りない方が良いですよ。

ネットからの情報が少ない所はおすすめできない

借入先を考える時に、便利なのがネットですね。インターネットを利用すると、多数の商品情報を得る事ができます。今まで知らなかったカードローン会社も知ることができますね。

けれど、ネットの中には闇金などの違法業者の情報も含まれていますので、以下に該当しないかチェックしてみましょう。

  • ネット情報が少ない
  • 固定電話の表記がない
  • 貸金業者登録番号の表示がない

ネット上に「誰でも貸します!」などの文字があるだけで、融資額や金利の表記が無ければ怪しいですね。また、ネット上に携帯電話の番号や住所だけしか載っていなければ申込みを避けましょう。

貸金業者が守らなければならない法律である「貸金業法」には、固定電話の表記や登録番号の表示が義務付けられています。

そのため、携帯電話番号の表記しかなかったり、貸金業者登録番号の表示が無ければ違法業者だと判断できるのです。

他にも口コミ情報が少なければ、利用者が少ないということですので、近づかない方が無難だと判断しましょう。

これで納得!闇金や違法業者を見極める手段

評判の悪いところや口コミ情報から、闇金や違法業者を見極める手段を紹介しましたが、これらの情報を踏まえて、見極め方を整理していきましょう。

貸金業者登録番号の表示がない

先ほど簡単に説明しましたが、貸金業者は国や都道府県知事に届出を行って、認可がおりてから営業しています。そして、認可がおりると貸金業者登録番号が与えられます。

貸金業者 登録番号
アコム 関東財務局長(12)第00022号
フクホー 大阪府知事(04)第12736号
アロー 愛知県知事(3)第04195号
セントラル 四国財務局長(7)第00083号
イーキャンパス 東京都知事(6)第25002号

アコムは大手消費者金融でテレビCMなどでも有名ですね。フクホー・アロー・セントラルは中小消費者金融、イーキャンパスは学生ローンとなります。

中小消費者金融や学生ローンでは、大手消費者金融ほど知名度がありませんので、闇金かどうかをチェックするには登録番号の確認が手っ取り早いです。

いずれの貸金業者でも、バッチリ登録番号が表示されていますので、正規の貸金業者だと言えますよ。登録番号はホームページの一番下に載っているところが多いです。判断に迷った時は一番下をチェックしましょう。

固定電話の表記がない

こちらも先ほど簡単に説明しましたが、貸金業の登録をする場合は固定電話の登録が必要となっています。そして、カードローン会社の広告には登録した固定電話の番号を載せる必要があります。

固定電話の表記がない場合は違法業者となりますね。ちなみに、フリーダイヤルの表記はOKです。例えば、アコムではフリーダイヤルが表示されていますが、会社概要を見ると固定電話の番号が表示してありますよ。

電柱や路地裏などに貼られているチラシなどは、ほとんどが携帯電話の番号が載っています。これらは通称「090金融」と呼ばれる違法業者となります。

一度電話をしてしまうと、営業電話がかかってきたり、名簿業者に情報を流されたりしますので、関わらないようにしましょう。

金利が高い

貸金業者は利息制限法を守った金利となっています。そのため、上限金利が決められており、この金利を超える請求はしません。

元金 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

先ほど紹介した消費者金融でも、この金利を超える利息の設定はしていません。

消費者金融 金利
アコム 年3.0%~18.0%
フクホー 年7.3%~20.0%
アロー 年15.00%~19.94%

もちろん、利息制限法を守って融資額10万円以上では年18.0%、100万円以上では年15.0%が上限金利となりますよ。

この金利を超える利息で契約となった場合は、闇金などの違法業者となります。違法業者ではトイチ(10日間で1割の利息)が有名ですね。

10万円借りて年18.0%の場合は、30日後に完済すると100,000円(借入額)×0.18(18%)÷12(1ヵ月分)=1,500円ですが、トイチでは100,000円×0.1(10日で1割)×3(30日)=30,000円となります。

つまり、10万円を30日で完済しても28,500円も差が出てしまうのです。30日で完済できなければ、この差はどんどん開いていきますので、どんどん返済金額が膨れてしまうのです。これが闇金の恐ろしさですね。

いくらでも貸してくれる

貸金業者では、貸金業法に総量規制があり、本人の年収の1/3を超える借入れはできません。

申込者の既存の借入額を調べて、まだ借りる枠があるのか調べるのもカードローン審査の一つですね。けれど、違法業者である闇金では審査なしで貸し出しますので、申込者の状況は一切調べません。

そのため返済能力が無い場合でも、どんどんお金を貸してしまい、闇金では取立てに自信があるため、貸したお金を回収できないということは無いのです。

申込者以外の親族・知人に取り立てたり、同業者からお金を借りて返させたり悪徳なやり口となりますよ。だから、違法業者には関わらない方が良いのです。

闇金などの違法業者には近づかない!評判の悪いところは避けよう

ここまで見てきて、評判の悪いカードローンや口コミの少ないところは避けた方が良いコトが分かりましたね。

中には借入時には評判の良いカードローンもありますので、返済時までの評判をチェックする必要があります。

闇金などの違法業者ではないことを確認するには、登録番号、固定の電話番号、金利、総量規制を守っているかがポイントでしたね。

また「審査なし」「審査が甘い」「今すぐ貸します」と言った、甘い言葉が載っているところは避けた方が良いのです。

閉じる
閉じる