おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

事前準備で手続きがスムーズ!カードローンに必要な書類

カードローンに申し込もうと思ったら、書類の提出があります。本人確認書類や収入証明書類ですね。これらの書類を事前に準備していると、手続きがスムーズにできますよ。

切羽詰った時など「すぐカードローンを利用できるようにしたい」と思っている時には、手続きをスムーズにすることがポイントとなります。

ここでは、カードローンに必要な書類をいくつか紹介し、いつまでに用意する必要があり、どうやって提出するのかを見ていきますよ。

知っているとお得!カードローン審査で必要な書類

カードローンに申し込みをする時には、書類の提出があります。銀行カードローンなどで既に取り引きがある場合は、口座作成時に本人確認済みなので本人確認書類は不要となることがあります。

また、希望する金額によっては収入証明書類が不要となっている場合もあります。けれど基本的には本人確認書類と収入証明書類の2つの書類が必要となるのです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

なぜ本人確認書類が必要なのかと言えば、申込書の名前は申込者本人なのか確認するためだったり、申告された内容が事実なのか確認したりするために必要なのです。

  • 申込書の名前が申込者本人なのか確認
  • 申告内容が事実なのか確認(住所・氏名・生年月日等)

また申込者本人であることを確実に確認するために、顔写真付きの本人確認書類を用意する必要があります。

けれど健康保険証を利用する場合は、顔写真がありませんので、カードローン会社によっては複数の書類が必要になる事もありますよ。

次に収入証明書類がなぜ必要なのかと言えば、収入が無ければ返済ができないからですね。カードローンでは個人の信用をもとにお金を貸しますので、収入があることが分からなければ、お金を貸すことができません。

ただし、消費者金融等の貸金業者では借入希望額が1社で50万円以下であるか、複数社の借入金額の総額が100万円以下である場合は、収入証明書類は不要となっています。

  • 1社で50万円以下の借入希望額
  • 他社の借入れ金額も含めて100万円以下の借入希望額

銀行カードローンでも小額の借入であれば、収入証明書類不要の所は多数ありますので、スムーズに審査に通ろうと思ったら小額の借入希望が良いですね。

なお、必要書類は各カードローン会社によって種類が決められています。そのため申込先が決まったら、事前に公式WEBサイトを確認して、該当する書類を確実に用意しましょう。

カードローン申込時の必須アイテム!本人確認書類とは

先ほど紹介しましたが、カードローン申込時に必ずいるのが本人確認書類ですね。具体的には以下が挙げられます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住証明書

用意しておきたいのが、運転免許証やパスポートですね。顔写真が入っており公的な身分証明書なので、信頼度も高くほとんどのカードローン会社の本人確認書類に挙げられています。

特に三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは、テレビ窓口でのカード受取りには運転免許証が必要です。

運転免許証以外の本人確認書類ではカードの受取りができず後日郵送となりますので、運転免許証の身分証明書としての信頼度の高さが分かりますね。

運転免許証やパスポートには住所、氏名、年齢が全て印字されており、顔写真までついていますので、これ以上の本人確認書類は無いのです。

カードローン会社 本人確認書類
アコム 運転免許証
アイフル 運転免許証
三井住友銀行 運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード
みずほ銀行 運転免許証、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード

アコムでは、運転免許証の交付を受けていない場合は、個人番号カードや健康保険証等で対応できます。

アイフルで運転免許証の交付を受けていない場合は、パスポート、公的証明書類、特別永住者証明書、在留カード、個人番号カード、住民基本台帳カードで対応できます。

みずほ銀行では、2012年4月1日以降の運転経歴証明書、発行後3ヶ月以内の印鑑証明書、住民票、外国人の方は在留カード、特別永住者証明書で対応することもできますよ。

けれど、やはり運転免許証やパスポートがあれば問題なく本人確認書類として提出することができるのです。

本人確認書類の住所と現住所が異なる場合

引越しや短期間の単身赴任等で中には、本人確認書類の住所が現住所と異なることもありますよね。そんな時には現在の住所が記載された以下のいずれのか書類も併せて必要になります。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)
  • 納税証明書
  • 印鑑証明書

本人確認では、住所と名前の確認が目的ですので、上記の書類を用意する時も、現住所と名前の両方が記載されているものを選ぶ必要がありますよ。

借入希望額によっては不要?収入証明書類の内容

既に紹介しましたが、借入希望額によっては収入証明書類は不要となっています。けれど、いくらで不要となるかは各カードローン会社によって異なる為、事前のチェックが必要ですよ。

消費者金融の場合

先ほど説明した通り消費者金融の場合は、貸金業法で収入証明書類の提出が必要となる金額が決められています。

そのため、消費者金融で50万円を超える場合と他社借入れと含めて100万円を超える場合は、収入証明書を用意しましょう。

銀行カードローンの場合

銀行カードローンでは、銀行法が適用となっていますので、各銀行によって収入証明書が必要な金額が定められています。

銀行カードローン 収入証明書が必要な金額
三井住友銀行 50万円を超える金額
みずほ銀行 50万円を超える金額
横浜銀行 60万円以上の金額

最近では銀行カードローンでも、50万円を超える金額には収入証明書の提出を求めるところが増えてきていますよ。

収入証明書からは、返済能力を見ることができますね。

収入証明書

収入証明書には、具体的には以下の書類が該当します。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書

収入証明書では、直近のものを提出することになりますよ。

カードローン会社 収入証明書
アコム 源泉徴収票、給与明細書、市民税・県民税額決定通知書
アイフル 源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、確定申告書等
三井住友銀行 給与明細書、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書等
みずほ銀行 源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書

会社員等どこかに勤めている方であれば源泉徴収票、自営業であれば確定申告書や納税証明書が用意しやすいですね。

必要書類はいつまでに、どうやって提出する?

ここまでカードローンで必要な書類について見てきました。最後に、用意した書類はいつまでに、どうやって提出するのか説明していきましょう。

必要書類はいつ必要?

必要書類の提出は、申込時もしくは契約時となります。申込時に必要な場合は、パソコンで申込み、申込書に入力して送信した後に、必要書類の提出となりますよ。

契約時に必要な場合は、審査結果後の契約手続き時に必要書類の提出となります。各カードローン会社によってことなりますので、契約までの流れをチェックしておきましょう。

いずれにしても、申込時に必要書類の用意ができていると、安心して審査結果を待つことができ、手続きもスムーズですね。

必要書類の提出方法

必要書類を提出する方法は、多数あります。

  • アップロード
  • 専用アプリ
  • メール
  • 郵送
  • FAX
  • 店頭

スマホやパソコンを使える場合は、アップロード、専用アプリ、メールといった方法がスピーディで簡単です。必要書類をカメラで撮影し、専用アプリやアップロード、メールで送信するのです。

スマホやパソコンの操作が苦手な場合は、郵送・FAX・来店という方法があります。郵送では時間がかかってしまいますが、送信ミスなどが無く、確実に届けることができるため安心ですね。

来店では、好きなタイミングで持参し、その場で契約まで完了させることができますよ。

けれど、今すぐ借入れが出来るようにしたいのであれば、パソコンで申し込み、書類提出、契約ができるWEB完結に対応しているところへ申し込むのがスムーズですね。

閉じる
閉じる