おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

知っておきたい!悪質なカードローンや過度な利用の危険性

カードローンには審査の甘い・緩いと言われるカードローン、ブラックでもOKなカードローン等、様々な金融機関があります。

中には、審査なしのカードローンもあると言われているので、審査に困っている方には助かる金融機関ですよね。けれど、こういった金融機関は闇金である可能性が非常に高いです。

また在籍確認に不安があるから代行サービスを利用して、在籍確認を逃れようとする方もいます。他にも、積極的にはカードローンを利用しない方がよいパターンもあります。

このサイトでは、おすすめできない悪質なカードローンについて触れ、申込む方の状況によっては積極性カードローンは控えた方が良いケースを見ていきますよ。

悪質業者の可能性あり!審査の甘いカードローンは避けるべき

カードローンについて検索していると、審査の甘いカードローンや審査の緩いカードローンを謳っている金融機関に遭遇することもあります。

初めての借入れで、審査を不安に思っている方であれば、審査が甘かったり、緩かったり、審査なしであったりする場合は、「いいとこ見つけた!」なんて思ってしまうのも無理はありません。

誰だって審査はイヤですよね。ましてや審査結果によって、お金が借りれたり借りられなかったりするのですから、できれば審査が無い方が助かるのです。

けれど、こういった審査が甘い・緩い・審査なしと明記しているところは闇金である可能性が高いので、注意が必要です。

闇金とは

消費者金融等の貸金業者は、国や都道府県知事に届出を行って営業することになっています。けれど、闇金の場合はこの届出を行っていないのです。

そのため違法業者となります。違法業者なので、貸金業法も守っていません。

貸金業法では融資額・金利・取立て方法等について決まりがありますが、もともとが違法業者である闇金では、これらの決まりを無視した行動をおこしますので、注意が必要なのです。

審査はお互いのため!

カードローンの審査は申込者が借り過ぎないためであったり、本当に返済ができるのか確認したりするためにあります。

そのため、審査なしというところはありません。審査をしなければ、申込者が本当に返済できるのか確かめることができないため、万一返済できない方が多くなってしまうと、金融機関の経営が成り立たなくなります。

また申込者が借り過ぎている場合は、返済の見込みが立たず自己破産になってしまう可能性があります。これは双方にとって良いことではありません。

そのためローン審査はお互いのために行っており、なくすことは出来ないのです。

ブラックOKは怪しい!

同じような理由で、ブラックOKと明記しているカードローン会社も怪しいですね。ブラックとは遅延や債務整理等の情報がある方を言います。こういった場合は、新たに借入れをしてしまうと返済できない可能性は高いのです。

中小消費者金融の場合は、過去に債務整理等の経験がある場合でも、現在延滞をしていない場合は借入可能となっているところもあります。

けれど現在延滞をしている場合でも借入れOKとなっている業者は、闇金ではないかとしっかり調べる必要がありますよ。

口コミもチェック!評判の悪いカードローン会社は危険

カードローンを利用する前には、口コミについてもチェックしておくと安心です。

特に、中小消費者金融で借り入れをしようと思っている場合は、口コミ情報がポイントになりますよ。その時に、評判が悪かったり、情報が少なかったりする場合は、申込みを止めておく方が賢明です。

  • 評判が悪い
  • 情報が少ない

代行サービスはダメ!代行サービスを止めた方が良い理由

代行サービスとは、在籍確認に不安を持っている方がアリバイ会社と契約し、アリバイ会社で在籍確認をしてもらうサービスですね。

つまり代行サービスを利用すると、本当の勤務先へ在籍確認の電話がかかってくる心配がないのです。

安心して仕事をすることができますが、アリバイ会社の利用は危険なので止めましょう。

  • 費用がかかる
  • バレた時に強制解約になる
  • 虚偽の内容での契約は詐欺になる

費用がかかる

代行サービスに依頼すると、もちろん費用がかかります。カードローンでお金を借りようとしているのに、必要な金額以外にも余計な費用がかかってしまうことになるのです。

費用はアリバイ会社によって異なるようですが、余計な出費は抑えたい時に、新たな出費がかかることは避けたいですね。

バレた時に強制解約になる

代行サービスがカードローン会社にバレた時には、強制解約となります。各金融機関の利用規約に載っていますが、虚偽の書類を提出した場合は強制解約となり、即全額返済を求められますよ。

お金が用意できなければ、債務整理や自己破産等も視野に入れる必要が出てきますよ。

強制解約は信用情報機関の情報に載る

強制解約は信用情報機関の情報に載ります。つまり、ブラックになるのです。そのため他社から借入れして、全額返済のお金を作るということもできません。

ブラックになると新たな借り入れは難しくなるため、信用情報機関から強制解約の情報が無くなるまで、新たな借り入れは出来ないのです。

虚偽の内容での契約は詐欺になる

アリバイ会社を利用して、虚偽の勤務先で契約をしてしまうと、詐欺になります。これは法律違反ですね。詐欺罪という罪に問われることになるのです。

利用する時には特に何も考えずに、「在籍確認で勤務先にバレなければ良い」くらいの軽い気持ちであったとしても、騙してお金を借りるということは罪になるのです。

犯罪者になりたくなければ、代行サービスは止めておきましょう。

積極性カードローンが向かないケース!こんな時は利用しないに限る

カードローンを積極的に利用すると、日々の生活が快適になり、月々のやりくりに融通がついてラクになる…というケースもあれば、積極的に利用しない方が良いケースがあります。

カードローンを利用することで、日々のやりくりがラクになるケースの例は、借入額が返済可能額の範囲内であり、無理なく返済していけるパターンが該当します。

そして、カードローンを積極的に利用しない方が良いケースには、以下のパターンが該当します。

  • 債務整理中
  • 利用目的がギャンブル
  • 利用目的が他社の借金返済
  • 利用目的が投資
  • 借金依存症

債務整理中

既に触れた通り、債務整理中には新たな借金は止めましょう。中には、現在延滞がなければ利用できる中小消費者金融はありますが、債務整理中は既存の借金を完済することが先決です。

借金を完済させるには、新たな借り入れを止めなければ、借金が無くなることはないのです。

債務整理までいかなくても、おまとめローン等で完済を目指している場合は、新たな借金をしないことが条件になっているところもあります。つまり完済しようと思ったら、新たな借り入れは邪魔になってしまうのです。

利用目的がギャンブル

ギャンブルがしたくてお金を借りるのは止めましょう。カードローンの資金使途は自由となっているところが多いのですが、目的がギャンブルであるなら借りない方が身のためです。

ギャンブルは当たることもあれば、外れることもあります。当たった場合は、カードローンで借りたお金も返済可能ですが、外れてしまった場合は借金が増えてしまいます。

もちろん借りたお金ではなく、自分の稼いだお金でギャンブルを楽しむのは自由ですよ。ギャンブルが趣味・娯楽である方は、やりくりできる範囲内で楽しむのが一番ですね。

利用目的が他社の借金返済

利用目的が他者の借金返済であれば、自転車操業の可能性があります。借りては返すを繰り返し、結局利息が膨らんでいき、返済不可となるのです。

そのため他社の借金で苦しい時には、新たな借り入れで解決するのではなく、既に借りている借入先へ連絡を入れて返済の目途が立つ日にちを相談しましょう。

考えても返済の目途が立たない時には、弁護士や行政書士等の専門家へ相談して、返済することを考えることが得策ですよ。

利用目的が投資

投資目的での借入れは、金融機関によっては禁止しているところもあります。利用目的の項目では「事業性資金以外は自由」となっているところが多いですが、中には「投資目的は除く」となっているところもあるのです。

投資目的は、ギャンブルと同じで儲かる根拠がありませんよね。

場合によっては投資した金額よりもマイナスになる危険もあります。そうした時に返済が確実にできるのかが分からないことから、投資目的での融資はおすすめできないのです。

借金依存症

さて、積極的なカードローンの利用を避けた方が良いパターンの最後に、借金依存症について紹介します。借金依存症とは、依存症の一種で、借金がやめられない状態の事を言います。

買い物依存症やギャンブル依存症は聞いたことがある方も多いですよね。

これらと同時に起こることが多く、返済可能な範囲を超えても、本人は返済できると思い込んでいるため、どんどん借金は膨らみ、多重債務や自殺等の問題を起こすケースが多いです。

借金依存症の方は、借金ができると安心し、その安心を求めて新たな借金をしてしまうのです。お金を借りることで安心できる・自分には信用があると思い込んでいるのです。

おすすめできないカードローン

ここまで見てきて、審査の甘いところ・緩いところ・ブラックOK・審査なしのところでは、闇金の心配があるため、カードローンの利用はおすすめできないことが分かりましたね。

また、評判の悪いところやネット情報の少ないところでは、どんな金融機関なのか分からないため、安心して利用できません。

代行サービスの利用は法にも触れる恐れがあるため、利用はやめましょう。利用しない方が良いケースは、利用目的から確実な返済が見込めない場合や、債務整理中・借金依存症が挙げられますよ。

カードローンは審査に通らなければ利用できません。い...

急にお金が必要な時に、カードローンはとっても便利な...

12
閉じる
閉じる