おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

すぐできる!即日カードローンのタイムリミットをチェック

「急な飲み会に誘われた!」「今月の生活費がピンチ!」こんな時にカードローンが使えると便利なのです。カードローンは即日融資に対応しているところもありますので、申込むとすぐにお金を借りることもできますよ。

けれど、即日融資を希望するなら条件があります。例えば振込み融資を希望するなら何時までに申し込みを完了しなければならないと言った決まりです。

ここでは、即日融資のタイムリミットを借り入れ方法別に紹介していきますよ。

平日14時が目安!即日カードローンで振込み融資希望の場合

急いでお金を融資してほしいと思ったら、即日カードローンに対応しているところを選びましょう。そして急いでお金を借りるには、WEBからの申し込みが便利です。

WEBからの申込みであれば、24時間365日いつでも対応していますので、仕事が終わってからゆっくり申し込みをしたり、お金が足りないと気づいた時にすぐ申し込めたりするのです。

けれど土日や深夜の申し込みでは、申し込みには対応していても審査結果は翌営業日となることもありますので、心得ておきましょう。

振込み融資の流れ

振込による融資を希望するのであれば、大抵の金融機関では以下の流れになっています。

インターネットから申し込み

審査

契約

振込融資
インターネットからの申込みは24時間365日対応していても、審査や契約は9:00~21:00までといったように時間が決められています。

また、振込融資を希望するなら○時までに手続きを完了させる必要があるなど条件があります。手続き完了の時間が何時までなのかは、各金融機関によって異なりますよ。

金融機関 即日振込の条件
アコム 平日14時までに振込の申し込み
セントラル 申込受付終了時間が平日14:00まで
SMBCモビット 14:50までの振込手続完了が必要です
千葉銀行 審査結果の連絡が正午までに完了した場合
秋田銀行 WEB完結の場合、当日午前中の申込みで最短当日中に振込み
銀行カードローンでは、即日融資を希望するなら午前中や正午までが目安となっていますね。

消費者金融では、平日14:00頃までが目安となりますが、各金融機関によって時間が異なりますので、しっかりチェックする必要がありますね。

営業時間内なら融資可能!自動契約機ならカード発行がすぐできる

消費者金融や都市銀行であれば、自動契約機があるところもあります。この自動契約機に来店できるのであれば、即日融資の可能性はグッと増えるのです。

金融機関 自動契約機の営業時間
アコム(むじんくん) 8:00~22:00
プロミス(自動契約機) 9:00~22:00
アイフル(無人契約ルーム) 8:00~22:00

出勤前や仕事帰りに、立ち寄ることができますね。

自動契約機のメリットは、その場でカードの受取りができるところです。

カードを受取ることができると、隣接されているATMからお金を借りることができますので、即日融資も可能となるのです。

つまり振込み融資では振り込む時間が必要なため、銀行営業時間の15時までに手続きを完了させる必要があります。

けれど、自動契約機であればカードを受取り直接ATMからお金を借りることができるため、遅い時間帯でも融資可能となり、14時までに間に合わない時の最後の手段として使えるのです。

知っておくと助かる!14時までの申込みや来店がムリな場合は?

ここまで即日カードローンを利用するには、インターネットから申し込みをして14時までに手続きを完了させる方法や、14時以降であれば自動契約機へ来店してカードを受取って借入れする方法を見てきました。

けれど14時までの申込みもムリだし、来店もできないという場合もありますよね。

そんな時には、アコムであれば振込み融資でも遅くまで対応してくれるサービスがあるのです。

ただし振込先の口座が指定されるため、予め口座を持っておく必要がありますよ。

アコムの振込実施時間延長サービス

アコムでは、はじめて借入れをする方に限って、振込実施時間延長サービスを行っています。

平日の15時以降であっても、三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行の口座を持っている場合は振込可能となっていますよ。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行

ただし本人名義の口座に限られますので、家族の口座等では申し込めませんよ。

上記の口座であれば、平日18:00までの受付であれば当日19:00までに振込み実施となります。

けれど、インターネットで契約後にフリーコールから申込む必要があります。

インターネットから振込みによる借入れを申込んだ場合は、通常の振込実施時間となりますので、平日15時以降であれば翌営業日に振込みとなりますよ。

申込む前にチェック!申込時に必要なことを紹介

即日カードローンを利用したいと思ったら、申込時には必要書類の用意ができているとスムーズに手続き完了となります。

そこで、申込時に必要となる書類について見ていきましょう。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類

本人確認書類と言えば、運転免許証が該当しますね。もちろん、運転免許証を取得していない方もいますので、その他にも該当する書類はありますよ。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住基カード
  • 外国人登録証明書など

上記が主な本人確認書類となります。運転免許証がない場合は健康保険証となりますね。

ただし、各金融機関によって本人確認書類は決められています。そのため、申込む金融機関の必要書類をチェックしてから用意しておきましょう。

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のテレビ窓口では、本人確認書類は運転免許証に限られており、パスポートや健康保険証等の書類では、テレビ窓口でカードの受取りができなくなっていますよ。

収入証明書類

収入証明書類と言えば、源泉徴収票ですね。自営業者であれば確定申告書となりますね。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書

源泉徴収票は勤務先から交付される書類となります。手元にない場合は、勤務先へ請求する必要がありますよ。給与明細書も勤務先から交付される書類ですね。直近何か月分が必要なのかを把握する必要がありますね。

勤務先以外の書類にしたい場合は、市区町村役場から交付される市民税・県民税額決定通知書や所得証明書があります。

50万円以下なら収入証明書類不要もあり

消費者金融等の貸金業者が適用となる貸金業法では、1社の利用限度額が50万円を超える場合、または複数の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える場合、収入証明書の提出を義務付けています。

  • 1社の利用限度額が50万円を超える場合
  • 複数の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合

そのため1社の借入希望額が50万円以下で他社の借入額と合計しても100万円以下の場合は、収入証明書の提出が不要なのです。そして銀行カードローンでも収入証明書類が必要な金額は、50万円超の金額となっています。

利用希望額が大きいと、金融機関にとってもリスクが高くなってしまうため、審査も書類を集めしっかり行います。

けれど、50万円以下の借入れ希望額であれば、収入証明書の書類不要となりますので、審査項目も一つ少なくなるのです。審査項目が少なくなれば審査スピードも速くなりますので、即日カードローンの可能性も高くなります。

即日カードローンを希望するのであれば、いつまでに申し込めば即日融資が可能なのかをチェックし、必要最小限の借入希望額で申込むことがポイントとなりますね。

閉じる
閉じる