おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

職場確認なし!家族にもバレない!内緒でカードローンを利用する方法

カードローンと言えば、あまり堂々と利用している方を見かけませんよね。「私、カードローンを利用していて、今30万円の借金があるの!」といったことが言える相手ってなかなかいないものです。

余程、親しい間柄であったり、暴露話などで勢いに乗って言ってしまったりしない限りは、周りに内緒で利用している方が多いです。

お金に関することはプライバシーに関わる問題であり、あまりおおっぴらにしないものです。中には、心配かけたくないから家族にも内緒で借りたい方もいます。

ここでは、職場や家族にも内緒でカードローンを利用したい方に向けて、内緒で利用する対策を紹介していきますよ。

心配無用!カードローンは内緒で利用できる

カードローンを誰にも知られずに利用したいと思っている方!心配いりません。カードローンは周りの方に内緒で利用することができるのです。もちろん、職場や家族にも内緒にすることが可能です。

けれど、内緒にしようと思ったら対策が必要です。バレそうになる原因を排除する必要があるのです。

バレそうになる原因

周りの方にバレそうになる原因と言えば、以下があります。

  • 本人確認の電話
  • 在籍確認の電話
  • 契約書類の郵送
  • カードの郵送
  • 利用明細書の郵送
  • 滞納時の催促電話・郵送物

上記の電話や郵送物を排除していくことで、職場や家族等に内緒でカードローンを利用できますよ。

それでは、具体的な対策を家族、職場別に見ていきましょう。

自宅への電話や郵送物を避ける!家族にバレない対策

家族にバレないようにするには既に紹介した通り、本人確認の電話、滞納時の催促電話・郵送、契約書類の郵送、カードの郵送、利用明細書の郵送を避ける必要があります。

バレる原因 理由 対策
本人確認の電話 自宅へ電話がかかる 連絡先を携帯電話にする
滞納時の催促電話 自宅へ電話がかかる 返済日を絶対に守る
滞納時の催促ハガキ 自宅へ届く 返済日を絶対に守る
契約書類の郵送 自宅へ届く 書類なしのWEBサービスを利用
ローンカードの郵送 自宅へ届く 来店やカードレスを利用
利用明細書の郵送 自宅へ届く WEB明細を利用

上記を見ると分かるように、自宅へかかってくる電話や郵送物は対策を取ることで避けることができるのです。

本人確認の電話連絡

本人確認の電話連絡は、本当に本人が申し込みをしているのか確認するために電話をかけます。基本的には自宅となりますが、最近では自宅に電話が無い方も多いため、連絡先が携帯電話になっていても問題はありません。

そのため主要な連絡先を携帯電話にしておくと、自宅へ電話がかかってくることはありませんね。

滞納時の催促電話

返済期日に遅れていると、自宅に支払いを催促する電話がかかってきます。この電話を無視していると、支払催促のハガキが送られてきますので、まずは電話に出ることが大切ですよ。

返済の目途が立っていない時には、電話に出たくないことも分かりますが、カードローン会社からすると連絡がつかないことが一番困るのです。

そのため、電話がかかってくることが困るなら、こちらからカードローン会社に電話連絡を入れて、先に相談しましょう。

返済に遅れてからではなく、遅れることが分かった時点で連絡をいれるのが好印象のコツですよ。

滞納時の催促ハガキ

繰り返しになりますが返済が遅れて連絡がつかない場合は、支払催促のハガキが自宅へ届きます。支払催促のハガキが届かないようにするには、電話連絡の時点で電話がつながるようにしておくことです。

もちろん、返済日に遅れず返済することが一番の解決策ですね。

契約書類の郵送

契約すると、申込書・契約通知書・利用ガイド・契約に関する書類が自宅へ郵送されます。

ここでWEBサービスを利用すると、契約書類等の郵送はなくWEB上で書類を確認することになりますよ。

また無人契約機へ来店して契約すると、その場で契約書類も受け取ることができるため、郵送の心配も無くなりますね。

ローンカードの郵送

ローンカードは、来店や自動契約機で受取るか、郵送で受け取りとなります。どうしても来店できず郵送で受け取る場合は、時間指定のできるカードローン会社があります。

例えばアイフルの「配達時間えらべーる」では、本人限定配送となっていますので本人以外が受け取ることはできません。家族が受け取ることができないため、封筒の差出人を見られる心配もありませんね。

他にもカードレスの商品を選ぶと、カードの郵送をなくすことができますよ。

利用明細書の郵送

利用明細書はカードローンを利用すると、自宅へ届きます。ただし、WEB明細を利用することで自宅へ郵送されることを避けることができます。

上記のように対策を立てていくと、自宅へ電話がかかってきたり、郵送物が届いたりすることがありませんので、安心してカードローンの利用ができますね。

職場への電話確認なし!職場にバレない対策

職場にバレないためには、在籍確認の電話連絡を避けるのが一番です。在籍確認とは、申込者が申告している職場に勤務しているかを確認します。在籍確認の方法としては電話連絡をするところが多いですね。

「私○○と申しますが、△△様をお願いします」

「△△ですね。少々お待ちください」

上記が電話での在籍確認の流れですね。カードローン会社は担当者の名前で電話をかけます。会社名を名乗ることはありませんので、職場へバレる可能性は少ないのですが、それでも気になりますよね。

そこで電話での在籍確認を避けようと思ったら、電話連絡なしのカードローン会社を選ぶか、相談によっては電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってくれるカードローン会社を選ぶのです。

  • SMBCモビット「WEB完結」
  • アスト

SMBCモビット「WEB完結」

SMBCモビットの「WEB完結」であれば、自宅や職場への電話連絡なしとなっています。

契約書類の郵送もなく、カードの発行もありませんので、内緒でカードローンを利用したい方にピッタリですね。

ただし、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行に口座がなければ申し込めません。そして在籍確認として、社会保険証か組合保険証と給与明細書の提出が必要となっていますよ。

消費者金融アスト

消費者記入アストでは、在籍確認のために職場へ電話連絡をすることが基本となっています。もちろん担当者の個人名で電話をしますよ。

けれど職場へ電話連絡されては困るという方には、電話連絡以外の方法もありますので、どうしても職場へ電話をされては困るという場合は、申込時に相談しましょう。

これで安心!カードレスなら周りにバレにくい

ここまで見てきて分かるように、家族や職場に内緒でカードローンを利用しようと思ったら以下の点に注意する必要があります。

  • インターネットから申込む
  • 本人確認の連絡先は携帯電話
  • 契約書類やローンカードを店頭で受取る
  • 郵送物をなくすためにWEBサービスを利用
  • 遅延や延滞の無いよう返済期日を守る

契約書類やローンカードを店頭で受取る、郵送物をなくすためにWEBサービスを利用するなどを紹介してきましたが、最後にカードレスについて紹介します。

SMBCモビットのWEB完結でも紹介しましたが、カードレスではカードの発行がありませんので、カードが自宅に届く心配もなくなりますよ。

  • SMBCモビット「WEB完結」
  • プロミス「WEB完結」
  • レイク「カードレス契約」

SMBCモビットの場合は、電話連絡・郵送物なしで利用できますので、周りにバレる心配も少なくなります。

プロミス「WEB完結」

プロミスの「WEB完結」では、郵送物なし、カードレスで利用できます。

  • 郵送物なし
  • カードレス

Webで申し込み、口フリ(口座振替)による返済を選択すると、郵送物なしとなります。

カードレスとなっていますので、カードが自宅に届くことも無く、手元にないためバレる可能性も減りますね。

レイク「カードレス契約」

レイクの「カードレス契約」では、申込完了後の画面で「カードレスで希望の方」を選択すると、カード発行せずに契約することが可能です。契約時の郵送物もなくなります。

借入金はスマホやパソコンからレイク会員ページで指定した金融機関口座に振込みとなりますので、その後金融機関ATMからキャッシュカードで引き出す必要がありますよ。

カードレスでも郵送物があるところもある

カードレスだから郵送物が無いわけではありません。カードレスとは、あくまでもカードなしでカードローンの利用ができることを言います。

そのため郵送物の有無は、申込むカードローン会社でチェックする必要がありますよ。

カードローンを家族や職場に内緒で利用しようと思ったら、自宅への電話や郵送物、職場への在籍確認に注意を払うとバレる可能性が減りますね。

閉じる
閉じる