おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

滋賀県信用組合のカードローン「スクエア」の申込み条件や返済方法

「お金が足りない!」そんな時に役立つのがカードローンですよね。いざという時に備えて一枚持っていると安心です。

それでも、どこで契約したら良いのか悩みますよね。そんな方に滋賀県信用組合のカードローン「スクエア」について紹介します。

けれど滋賀県信用組合のカードローン「スクエア」は、勤務先または住居が滋賀県内であることが条件となります。

これに該当する方に向けて、滋賀県信用組合について説明し、カードローン「スクエア」の申込条件、使いみち、返済について見ていきますよ。

意外に知らない!滋賀県信用組合ってどんなところ?

「銀行ならよく利用するけれど、信用組合は利用したことがないから分からない…」そんな方も多いですよね。

信用組合は一定地域の中小企業や小規模事業者、勤労者などが資金を出し合って設立し、組合員となり組織・運営している「協同組織の金融機関」となります。

中小企業等協同組合法に基づいて運営されており、組合員が互いに助け合うことが目的となっていますよ。

信用金庫と銀行の違い

信用組合と同じように、営利を目的としない金融機関に信用金庫がありますね。これらとの違いは、信用金庫の方が一般金融機関の色彩が強くなることにあります。

そして銀行との違いと言えば、銀行は株式会社として利益の追求を第一目的としている点ですね。

信用組合は組合員である地域の中小商工業者の方々が、互いに助け合いながら経済的地位を向上させることを目的としていますよ。

つまり滋賀県信用組合を利用することで、地元の方々の暮らしや経済の向上に役立てることに貢献できるのです。

金融機関の違い 内容
信用組合 組合員が互いに助け合いながら、地元の経済的地位を向上させる
信用金庫 信用組合の中から金融機関としての性格が強いもの
銀行 株式会社として利益を追求

気になる!滋賀県信用組合カードローン「スクエア」について

滋賀県信用組合には、カードローン「スクエア」があります。

その内容は以下になります。

スクエア 内容
融資極度額 10万円、50万円
金利 窓口にて確認
申込条件 満20歳以上65歳未満の年収180万円以上の組合員
返済方法 随時返済
担保・保証人 不要

申込条件

カードローン「スクエア」の申込条件は、満20歳以上65歳未満の原則年収180万円以上の組合員となっています。配偶者の年収が180万円以上であれば、専業主婦の方も10万円まで申込みも可能となっていますよ。

また条件を満たせばパートの方も申し込めます。そして、勤務先または住居が滋賀県内で滋賀県信用組合の組合員あるいは組合員資格のある方が対象となります。

組合員の資格

組合員になれるのは、以下に該当する方になります。

  • 営業区域内(滋賀県)において事業を行う小規模の事業者
  • 営業区域内に住んでいる方
  • 営業区域内に勤務している方

事業者の方は原則として、従業員数または資本金が以下を超えない方々が組合員となることができますよ。

事業主 従業員数 資本金
原則 300人 3億円
小売業 50人 5,000万円
サービス業 100人 5,000万円
卸売業 100人 1億円

使いみち自由で助かる!カードローン「スクエア」

カードローン「スクエア」の使いみちは自由となっています。

そのため、生活費の不足・急な出費・欲しかった商品など何に使っても良いのです。

一般的にどのような利用目的が多いのか、日本貸金業協会が平成27年9月に発表したアンケート調査結果報告によると、借入れの申込みを行った際の資金使途に関するデータは以下になります。

1位:趣味・娯楽(レジャーや旅行を含む) 47.9%
2位:食費 22.9%
3位:納税・納付などその他の支払い 12.7%
4位:家賃の支払い 12.3%
5位:衣料費 12.2%
6位:授業料、保育料、給食費等の学校に関する費用 11.8%
7位:光熱費 11.5%
8位:自動車ローンの返済 10.5%
9位:ギャンブル 10.1%
10位:医療費 9.9%

カードローン「スクエア」も、使いみちは自由ですので上記の目的で利用してOKとなりますよ。

ただし、事業性資金や旧債返済資金・投機などには利用できませんので、おまとめローンや株式・為替の購入目的で利用することはできません。

いつでも返済OK!カードローン「スクエア」の返済方法

滋賀県信用組合のカードローン「スクエア」では、返済方法は随時返済となっています。

随時返済とは、都合の良い時に指定した普通預金口座(総合口座)に入金すると返済となります。

随時返済のメリット

カードローンの返済には、毎月定額の返済のある約定返済としているところが多いです。約定返済では、毎月確実に返済がある一方で、自分のペースで返済することはできません。

その点、随意返済では返すタイミングも返済する金額も自分で決めることができます。

自分の状況に合わせて返済することができますので、まとめて全額返済したり、一部だけ返済したり、都合よく返済していけるのがメリットですね。

  • 自分のペースで返済可能
  • 全額返済や一部返済が自分で選べる
  • 毎月の定額返済がない

もちろん、いつまでの普通預金口座に入金しなければ返済ができません。返済ができなければ利息はドンドン膨らんでいきますので、返済総額が増えてしまいます。

そのため、借入れをした場合は確実に返済計画を立てて自分のペースで返済していくことが大切ですね。

滋賀県信用組合のカードローン「スクエア」は、融資極度額50万円までの小額融資で借りやすく、返済方法も自分のペースで行える随時返済となっていますので、自由に借入れ・返済が行えるのが魅力ですよ。

閉じる
閉じる