おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

カードローンとは?意外に知らない他のローンとの違い

お金が必要だけど、すぐに工面できない。そんな時には、ローンという方法があります。ローンには住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・フリーローンといった各種ローンの他にも、カードローンがあります。

ここではカードローンについて見ていくのですが、カードローンが先に述べた各種ローンとどのように違うのか、他のローンとの違いについて触れていきます。

お金を借りる前には、なるべく多くの知識や情報を持っていることが、上手に借りるポイントとなりますよ。

カードローンとは?目的ローンとの違いを知ろう!

カードローンとは、個人向けの無担保融資のことをいいます。つまり無担保で借入れができるため、安定した収入がある方であれば、誰でも申し込みができるのです。

カードローンで重視されているのは「個人の信用」になります。

個人の信用は、毎月継続して安定した収入があること、過去に遅延・債務整理等でブラックになっていない等、審査に不利となる情報が無ければ、安心しえ申込むことができますよ。

  • 毎月安定継続した収入がある
  • 過去に遅延経験がない
  • 過去に債務整理等のブラック情報がない

各種ローンの特徴

それでは、住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・フリーローンには、どういった特徴があるのか見ていきましょう。

各種ローン 使いみち
住宅ローン 住宅の購入
自動車ローン 自動車購入、運転免許証の取得資金、車検、修理費、付属機器
教育ローン 学校、塾、予備校等に納付する教育関連資金
フリーローン 家具の購入、旅行資金、婚礼費用等、さまざまな目的に対応

上記の表を見ると分かるように、各種ローンでは借りたお金の使いみちが限定されているのです。そのため、対応する目的以外のローンには申し込みができないのです。

必要書類には資金使途確認書類の提出があり、見積書の提出等もありますので、資金使途以外に利用することはできなくなっていますよ。

ここで、気になるのがフリーローンですね。フリーローンの使いみちを見ると、カードローンの使いみちと似ていると気づいた方もいますよね。

カードローンとフリーローン

実はカードローンとフリーローンの使いみちは、いずれも自由となっています。もちろん、事業性資金は除く・投資資金は除くといったことが書かれているところもありますが、それらを除けば自由です。

それでは違いは何かと言えば、借入方法や必要書類にあります。

違い 借入方法 必要書類
カードローン 繰り返し利用可能 本人確認書類・収入証明書類
フリーローン 契約時に一度だけ 本人確認書類・収入証明書類・資金使途確認書類

カードローンでは一度契約すると、繰り返し何度でも借入れできるのが特徴です。

一方、フリーローンでは契約時に一度だけ融資となりますので、再び利用したいと思ったら、再度申込む必要があります。

けれど借入額が増えることがありませんので、完済までの計画が立てやすいですね。必要書類にある資金使途確認書類は、金融機関によっては不要となっているところもありますよ。

知っておきたいポイント!カードローンのメリットは?

先ほど紹介した通り、カードローンのメリットと言えば繰り返し利用できることですね。その他にも即日融資が可能、書類が少ない、コンビニATMの利用可能が挙げられます。

  • 繰り返し利用可能
  • 即日融資可能
  • 書類が少ない
  • コンビニATMの利用可能

繰り返し利用可能

繰り返しになりますが、カードローンは一度契約すると何度も利用できます。そのため生活費が少し足りない、急な冠婚葬祭の費用が今すぐ必要な時でも、安心して対応することができるのです。

カードローンでは、契約する金融機関や利用するATMによって異なりますが、千円単位で借入れできるところもあります。

必要な金額を必要な時に借入れできるところがカードローンのメリットですね。

即日融資可能

カードローンでは、審査時間が早いため即日融資が可能となっています。

審査時間は最短30分という金融機関が多く、14時までの手続き完了であれば即日振込によって借入れ可能となっていますよ。

14時を過ぎた場合は、自動契約機を利用することで即日融資が可能となっているところもありますので、14時以降に即日融資を希望するのであれば、自動契約機等に対応しているところを探しましょう。

書類が少ない

カードローンでは、借入希望額が50万円以下であれば、運転免許証等の本人確認書類だけで、申込可能となっているところが多いです。

借入希望額が50万円を超える場合でも、銀行カードローンであれば収入証明書が不要となっているところもありますので、本人確認書類だけで50万円を超える金額を希望する場合は、銀行カードローンをチェックしましょう。

コンビニATMの利用可能

カードローンでは、コンビニATMを利用できるところが多いです。コンビニは全国各地にありますので、カードローンであれば旅行先・出張先であっても、安心して借入れすることができるのです。

カードローンは利便性が優れていますので、普段使いにピッタリなのです。

メリットばかりではない?カードローンのデメリット

カードローンのメリットを見ると、使い勝手が良くて一枚持っていると安心できるカードだという事が分かりますね。けれど、申込む前にはデメリットについても知っておきましょう。

  • コンビニATMには手数料が必要
  • 金利が高い
  • 借入れが癖になりやすい
  • 信用情報機関に情報が載る

コンビニATMには手数料が必要

メリットのところで、カードローンではコンビニATMが使えるところが多く、利便性が良いことをお伝えしましたが、中にはコンビニATMの利用には手数料が必要なところがあります。

コンビニATMの手数料が無料なところもありますので、利用する前には手数料が必要なのか不要なのか、しっかり確認する必要がありますね。

利用の度に手数料がかかってしまうと、想像以上に手数料を払うコトになってしまいますよ。

金利が高い

住宅ローンや自動車ローン・教育ローン等の目的ローンでは、利用目的が限定されている代わりに金利が低めに設定されています。

そのため、目的がハッキリと決まっている場合は目的ローンを利用すると、低金利で安心して利用できるのです。

フリーローンは目的ローンに位置付けられていますが、使いみちは自由です。そのため他の目的ローンと比べると金利は高めになっているところが多いです。

既に紹介した通り、カードローンはフリーローンよりも更に融通が付きます。繰り返し利用ができたり、審査時間が短かったりすることですね。その代り金利は高くなっていますよ。

借入れが癖になりやすい

カードローンのメリットは繰り返し利用可能で、利便性が良いコトでしたね。これはメリットでもありますが、使う人によってはデメリットにもなります。

繰り返し何度も利用していると、抵抗なく利用できるようになります。そして、利便性が良ければ困った時にすぐに借りることができるのです。

つまり、困った時にはすぐにカードローンに頼ってしまい、借入れが癖になってしまうのです。カードローンは必要な時に必要な金額しか使わないことを肝に銘じておく必要がありますね。

信用情報機関に情報が載る

カードローンを利用する時には、信用情報機関に情報が載ります。申込みがあると、申込者の名前を照会して過去の借り入れ状況をチェックします。

この照会する時に、信用情報機関へ申込者として登録されるのです。この登録があると、各種ローンやクレジットカードの審査時にも影響を及ぼすことがありますよ。

カードローンを選ぶべき?他のローンと比較したおすすめポイント

ここまで見て、ローンには各種ローンもあれば目的を問わないカードローンもあることが分かりましたね。そこで、カードローンを選ぶべきか、他のローンを選ぶべきか、迷った時のおすすめポイントを見ていきましょう。

他のローンを選んだ方が良い時

繰り返しになりますが、目的ローンでは使いみちが決まっています。そのため使いみちが決まっている時には、目的ローンを利用した方がお得です。例えば西日本シティ銀行の教育ローンを見てみましょう。

西日本シティ銀行 教育ローン
融資額 10万円以上1,000万円以内
金利 年2.400%~2.900%
使いみち 中学~大学・予備校費用、入学金、授業料、下宿代(1年分まで)
必要書類 通帳、印、本人確認書類、収入証明書類、資金使途資料、在学資料

教育ローンは契約時に一度しか借入れできませんが、金利は低く、返済計画も立てやすいので、完済まで返済意欲が湧きますね。

教育ローンは、お金を借りるのが入学時や進学時で、一度にまとめて高額を借りたい時におすすめですね。

カードローンを選んだ方が良い時

カードローンは使いみち自由となっていますので、教育資金にも利用することができますよ。

西日本シティ銀行 NCB キャッシュエース
融資額 10万円以上300万円以内
金利 年13.00%~14.95%
使いみち 自由(事業性の資金は除く)
必要書類 通帳・印、本人確認書類

西日本シティ銀行カードローン(NCB キャッシュエース)では、融資額が300万円までとなっていますが、繰り返し何度も利用できますので、急に教科書代や実習費用等でお金が必要になった場合でも対応することができます。

教育ローンに限らず、まとまった金額が一度に必要な時には目的ローン、何度も繰り返し利用する必要がある時にはカードローンを選ぶことをおすすめしますよ。

閉じる
閉じる