おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

どこがいい?大手と中堅会社のカードローンを紹介

どこがいいカードローンなのか、初めてカードローンを利用する場合には、悩みの種となりますよね。カードローンには銀行カードローン・消費者金融・信販会社等、様々な金融機関が商品を出しています。

そして、銀行カードローンの中にも都市銀行・地方銀行の違いがあり、消費者金融にも大手消費者金融・中堅会社の消費者金融があり、その他の金融機関にもクレジットカード会社、ろうきん、信用金庫等があります。

これらの中から自分にピッタリな金融機関を選ぶのは大変な作業ですが、ここでどこを選ぶかでその後の利用が便利だったり、不便だったりしますので、しっかり吟味していきましょう。

どこがいい?カードローンの業者を紹介

どこがいいカードローンなのか、実はこれは利用する人によって異なりますので、ココが一番!と言い切ることはできません。

そこで、カードローンの業者を絞っていきますので、どういったところで借りるのが自分にピッタリなのか見つけていきましょう。

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融
  • その他の金融機関

冒頭でも伝えた通り、カードローン商品を扱う金融機関には上記の3種類があります。

カードローンと一言に言っても、それぞれの金融機関によって融資額・金利・利用条件・必要書類等が異なりますので、詳細までしっかり見ていきましょう。

口コミでも評判は上々!銀行カードローンの特徴

銀行カードローンでは、都市銀行を選ぶか、地方銀行を選ぶか、ネット銀行を選ぶかによってコンビニATMの利用可否や金利の優遇を受けられるか等の条件が変わってきます。

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • ネット銀行

都市銀行の特徴

都市銀行と言えば、三菱東京UFJ銀行(バンクイック)・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行が該当します。本店が東京・大阪等の大都市にあって、全国規模の営業を行っている銀行のことですね。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行

これらの銀行では全国に店舗があり、地方に住む方でも来店可能であること、金利が低いこと、自動契約機等で申し込みができること、WEB完結ができること等の特徴が挙げられます。

もちろんこれらの全てに該当するわけではなく、それぞれの金融機関で特徴を詳細を調べる必要がありますが、誰もが知っている銀行ですので安心して借入れできることが好評ですね。

地方銀行の特徴

地方銀行と言えば、利用できる地域が限られますが、住み慣れた地域の銀行を利用することで、身近にATMがあったり、給与振込みの口座で返済を自動引落しをすることで返済がラクになったりします。

勤務先によっては、給与振込みの口座が地方銀行だけだったりしますよね。そんな方でも、給与振込みの口座で返済ができるのです。

  • 身近か
  • 給与振込みの口座で返済がラク

横浜銀行・静岡銀行・北九州銀行・千葉銀行・西日本シティ銀行・伊予銀行・東日本銀行・北陸銀行・熊本銀行・四国銀行・群馬銀行・佐賀銀行・足利銀行・滋賀銀行等、地名を銀行名にしているところが多いですね。

地方銀行では、金利の優遇を行っているところがあり、例えば住宅ローンを利用していれば基準金利から0.5%引き下げる等の優遇がありますよ。

ネット銀行の特徴

ネット銀行と言えば、楽天銀行・ソニー銀行・ジャパンネット銀行・じぶん銀行等があります。ネット銀行の特徴と言えば、インターネットでの取引を中心としており、振込や提携ATMによって借入れを行います。

  • インターネットで取引
  • パソコン・スマホで取引履歴の照会
  • 低金利

パソコンやスマホから借入れ・返済の手続きができますので、自宅で手続きを行うことができ、時間や場所を選びません。

忙しい方でも安心して利用できるのです。

気になる銀行の評判

都市銀行・地方銀行・ネット銀行等、様々な銀行がありますが、いずれも低金利・高額融資が銀行の特徴となっています。

そして銀行によっては自動契約機があったり、金利の優遇があったり、コンビニATMが利用できたりといったメリットがあり、銀行カードローンの評判は上々なのです。

貸金業法で安心して借入れできる!大手や中堅会社の消費者金融の特徴

消費者金融と聞くと、中には借入れが不安になる方もいるかもしれません。貸金業法が改正される前には、高すぎる金利で返済困難となり、自己破産に陥る方が多かったのです。

けれどそれは、貸金業法が改正される前の話しです。平成22年6月18日から改正貸金業法が完全施行され、高すぎる金利が解消され、借入れできる金額にも制限ができたのです。

これがグレーゾーン金利の廃止や総量規制ですね。そのため、現在では金利は利息制限法に基づいた金利であり、借入れできる金額は年収の1/3までとなっているのです。

大手消費者金融の特徴

大手消費者金融と言えば、アコム・アイフル・プロミスが該当します。大手消費者金融では知名度があるため、安心して借入れすることができるのです。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス

大手消費者金融では、自動契約機があったり、30日間無利息サービスがあったり、知名度以外にも利用するメリットがありますよ。

中堅会社の消費者金融の特徴

中堅会社の消費者金融と言えば、アロー・フクホー・セントラル等が該当します。中堅会社の消費者金融では知名度があまりないため、闇金で無いのか調べる必要があります。

中堅会社の消費者金融では、融資額が大手消費者金融ほど高くありません。

消費者金融 融資額 金利
アコム 800万円まで 年3.0%~18.0%
プロミス 500万円まで 年4.5%~17.8%
アロー 200万円まで 年15.00%~19.94%
セントラル 300万円まで 年4.8%~18.0%

上記の表を見ると納得ですね。融資額が大手消費者金融ほど高くないため、金利も高めとなっていますよ。

けれど最高金利は、利息制限法の「元金10万円未満の場合、最高金利は年20.0%」を超えない範囲となっていますので、高すぎる金利となる心配はないのです。

中堅会社の場合は、必要書類に住民票が必要となるところがあったり、返済方法が来店となってしまうところもあったりします。

けれど、大手消費者金融と同じように自動契約機があったり、無利息サービスがあったりするところもありますので、しっかり詳細を調べてから申込むのが良いですよ。

まだまだある!その他の金融機関のカードローンの特徴

その他の金融機関には、ろうきん・信用金庫・クレジットカード会社等が挙げられます。それぞれの特徴は以下になります。

  • ろうきん
  • 信用金庫
  • クレジットカード会社

ろうきんのカードローン

ろうきんとは、労働金庫の愛称のことで、はたらく人のための協同組織の金融機関です。ろうきんの会員は労働組合・生活協同組合・共済会・相互会等に加入している労働者となります。

けれど、加入していない方であっても「ろうきん友の会」への加入や個人会員としてろうきんへ出資するとサービスを利用することができます。

ろうきんのカードローンは、銀行カードローンよりも低金利となっており、年3.875%~年8.475%となっています。

しかも18歳から利用可能ですので、他にはない魅力がありますね。

  • 低金利
  • 18歳以上から申込可能

信用金庫のカードローン

信用金庫と言えば、川崎信用金庫・水戸信用金庫・岐阜信用金庫・愛媛信用金庫・鹿児島信用金庫・広島信用金庫・瀬戸信用金庫・鹿児島相互信用金庫等、地方銀行と同じく地名が信用金庫名となっているところが多いです。

そして信用金庫の目的は、地域の活性化ですので高金利で利益を得るというものではなく、低金利で地域に還元していくというものになります。

そのため、利用できるエリアが決まっており、営業エリアに住んでいる方や働いている方が利用対象となりますよ。

クレジットカード会社のカードローン

クレジットカード会社のカードローンでは、クレジットカードとは別にカードローン専用のカードがあります。

  • オリコのカードローン「CREST」
  • セゾンカードのカードローン「MONEY CARD」

上記のようにカードローン専用のカードを利用すると、消費者金融と同様に高額融資も可能になりますよ。また急いでお金が必要な時には、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法もあります。

クレジットカードのキャッシング枠を利用するには、あらかじめキャッシング枠の申し込みをして利用可能枠を作っておく必要があります。

もちろん審査もありますので、いざという時に備えて申込みをしておくと、クレジットカード1枚で買物時にはショッピング枠を利用して、現金が必要な時にはキャッシング枠を利用することができますよ。

どこがいいカードローンかは申込者次第!

ここまでを読んで、どこがいいカードローンかは申込者次第であることが分かりますね。

全国各地で利用できる都市銀行・地元の銀行で利便性バツグンの地方銀行・知名度で安心の大手消費者金融・独自の特徴がある中堅会社の消費者金融・その他の金融機関等、それぞれの特徴を把握して申し込みをしましょう。

12345...
閉じる
閉じる