おすすめカードローンを紹介!状況別に賢く借りる方法

横浜銀行カードローンの審査の流れと返済額・返済日について

横浜銀行は、神奈川県横浜市に本店を置く日本最大の地方銀行です。カードローンを利用できる地域は神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県前橋市・高崎市・桐生市となります。

この地域に住んでいる方もしくは働いている方しか申し込みができませんが、地域が当てはまる方は横浜銀行に口座がなくても申し込めますよ。

ここでは、横浜銀行のカードローン商品について、申込みから契約までの審査の流れについて、借入方法・返済方法について紹介していきます。

知っておきたい!横浜銀行カードローンの商品概要

横浜銀行カードローンでは、審査結果は最短当日中、即日融資も可能、横浜銀行と取り引きがなくても申し込みOKとなっています。

横浜銀行カードローン 詳細
融資額 1,000万円まで
金利 年1.9%~14.6%
申込条件 満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
必要書類 本人確認書類、収入証明書(希望額が50万円超の場合)
担保・保証人 不要(保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)

融資額

融資額は10万円~1,000万円となっています。

10万円単位で借入限度額が決まりますので、自分の収入に合った借入希望額で申込みをしましょう。

金利

金利は年1.9%~14.6%となっています。融資額によって金利は以下のように決まります。

融資額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.9%

融資額が高くなればなるほど、金利は低くなりますよ。

もし他社に借入れがあるという場合では、まとめて横浜銀行から借入れすることで、低金利で借入れできる可能性が出てきますよ。

申込条件

申込条件は契約時の年齢が満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方となります。

横浜銀行では、専業主婦の申込みも可能となっており、安定した収入のある方の配偶者の申込みも可能となっていますよ。

パート・アルバイトの方も申し込み可能となっており、年金収入だけの申込みもOKとなっています。ただし、学生の申込みは不可となっています。

既に紹介した通り横浜銀行カードローンでは、申込める地域が決まっています。そのため、自分が該当するのかどうかをチェックするには、まずは地域を確認する必要がありますね。

必要書類

必要書類は、本人確認書類と収入証明書となります。本人確認書類には以下が該当します。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

いずれも、有効期限内もしくは現在有効で、氏名・住所・生年月日が記載されているものを用意する必要があります。収入証明書は以下になります。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

収入証明書は50万円を超える借入額を希望する場合に必要となりますよ。

申込みから契約までのカードローン審査の流れ

横浜銀行カードローンにパソコンやモバイルなどのインターネットで申込む場合は、審査の流れは以下になります。

申込み

審査結果の連絡

契約手続き

カード発行・利用開始

申込み

既に紹介した通り、横浜銀行と取り引きがなくてもカードローンに申込むことができます。インターネットを利用すると、24時間365日いつでも申し込みができますので、思いついた時にすぐ申し込めますよ。

横浜銀行の普通預金口座を持っているなら、契約までWEBで完結しますので、スムーズに手続きを済ませたい方にピッタリですね。

審査結果の連絡

審査結果の連絡は、原則当日中となっています。指定の電話番号へ連絡しますので、間違えずに正確に入力する必要があります。

受付時間によっては、審査回答が翌営業日以降となる事もありますので、当日中に回答が無かったからと言って、審査に通らなかったという訳ではありませんよ。

契約手続き

契約手続きの方法は、横浜銀行に普通預金口座を持っているか、持っていないかで変わってきます。

普通預金口座
契約手続き WEB 郵送またはFAX

WEBで手続きをする場合は、審査結果の連絡時に教えてもらえる専用サイトで手続きとなります。

郵送で手続きをする場合は、自宅あてに郵送で契約書類が届きます。この契約書類に必要事項を記入し、本人確認書類等を同封して返送となります。

FAXで手続きをする場合は、契約書類をダウンロードして必要事項を記入し、本人確認書類等とともにFAXとなりますよ。

カード発行・利用開始

「横浜銀行カードローン」カードが簡易書留郵便で自宅に届きます。カードが到着次第、利用開始となります。

急いで融資が必要な場合は、指定の返済用普通預金口座への振込によって、契約日当日に利用可能となっていますよ。

ATMで便利!横浜銀行カードローンの借入方法

横浜銀行カードローンの借入方法には、ATMとインターネットの2種類があります。

  • ATM
  • インターネット

ATMで借入れ

ATMで借入れするには、横浜銀行ATM、駅やコンビニのATMが使えます。小田急線全70駅にATMを設置するなど駅ATMも充実していますので、通勤・通学のついでに借入れすることができます。

わざわざ借りに行く必要がないため、利便性バツグンですね。コンビニATMではセブン銀行、ローソンATM、E-netが利用できますよ。

インターネット

インターネットで借入れするには、マイダイレクトの契約が必要になります。マイダイレクトを契約している方は、利用のカードローン口座をサービス利用口座に追加することで、インターネット上で借入れができますよ。

返済方法もチェック!返済額や返済日で借りた後の計画も立てよう

横浜銀行カードローンの返済方法は、定例返済と随時返済があります。

  • 定例返済
  • 随時返済

定例返済

定例返済は、毎月10日に借入残高に応じて、以下の金額を指定の預金口座から自動的に引き落とします。

借入残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超から50万円以下まで 10万円上がるごとに2,000円ずつアップ
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超から500万円以下 50万円上がるごとに5,000円ずつアップ
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超から1000万円以下 100万円上がるごとに5,000円ずつアップ
1,000万円超 85,000円

10万円以下の借入れであれば、返済額は2,000円となります。返済できる範囲での借入れが安心ですね。

随時返済

随時返済は、横浜銀行ATM、コンビニATM、インターネットから行うことができます。

  • 横浜銀行ATM
  • コンビニATM
  • インターネット

随時返済は定例返済に加えて、任意の金額の返済となりますので、余裕がある月に細めに返済していきましょう。

ただしATMの利用には、所定の手数料が必要となりますので、ある程度まとまった金額を返済した方がお得ですね。

横浜銀行カードローンでは、日本最大の地方銀行だけあって融資額は高額、金利は低金利となっています。また即日回答・即日融資にも対応しています。

そして、借入は駅のATMやコンビニATMを利用でき利便性が良く、返済は自動引落しとなっているため、返済し忘れる心配もありません。まさに利用しやすいカードローンだと言えますね。

閉じる
閉じる